意図せざるブログphp化 (2)

ということで、必ずしも本意なわけではなかったのですが、これを機にphp化に挑むことにした。

基本的にブログ簡単パワーアップ Movable Type スーパーカスタマイズテクニックに従ってやっていくと、思ったよりもすんなりとphp化は終了。まあ、実質的にはファイルの出力名を変えるだけなので、それ自体はそんなに大変な話ではない。

問題は、その先。

php化するメリットの一つは、各テンプレートで共通となる部分を独立したファイルにしておいて、それを呼び出すことで、①テンプレートの編集作業の簡略化、②ファイル要領の軽量化、③再構築の迅速化を図るところにある。

特に、サイドバーについては、基本的にメイン・テンプレート、個別テンプレート、カテゴリー別テンプレート、日付テンプレートで共通なので、中身をいじろうとすると、それぞれいじらないといけない・・・というわけで、まずはサイドバーの独立化。

手順自体はシンプルで、サイドバーのスクリプトを別テンプレート化してインデックス・テンプレートとして保存(出力ファイル名は"sidebar.php")。

あとは、<?php include('ファイル名'); ?>をそれぞれのテンプレートのサイドバー部分に置き換えれば終了・・・のはずだったのだが、メイン・ページがうまく表示されない。

何でだろう?と悩んだのだが、よく見ると、メイン・テンプレートの出力先の拡張子が.htmlのまま。これを.phpに置き換えると・・・成功。

ついでに、エントリー本文と追記部分も独立のファイルにしてincludeで呼び出すようにした。

これでエントリーの本文・追記部分の再構築は1度だけで済むことになる。おかげで、再構築、特に「全て再構築」の際の処理が早くなった(ような気がする)。

もう一つ見逃せないのが、テンプレートがすっきりしたこと。

特にカウンター部分とサイドバー部分を個別にすれば、他のテンプレートはふぉーりんと一緒にできたので、随分すっきりした。


Posted by 47th : | 22:30 | コメント (0) | トラックバック (0)

意図せざるブログphp化 (1)

JAMAICAから帰国して、色々とあったが、ようやくブログのphp化がひととおり完了。とりあえず、何が起きたかというと・・・

きっかけ:プラグインが動かない!?

そもそものきっかけは、日本から送ってもらった「ブログ簡単パワーアップ Movable Type スーパーカスタマイズテクニック」に載っていた、いくつかのプラグインを導入しようとしたことだった。

この本に載っているエントリーを関連づけるプラグイン(mt-related-entries)を手順通りアップして、MTのプラグイン設定画面にも表示されたところまではよかったのだが、プラグインの設定をしようとすると、ログイン画面に切り替わる。

普通にIDとPWを入力しても、「ログインできません」というメッセージが帰ってくる。

ぐぐってみると、プラグインの動作をcookieが邪魔をすることがあるという話をみかけたり、しばらく時間を置くと動作するようになるとうい話もあったので、とりあえず、そのままの状態で旅行に出かけて、数日が経過。

帰国して、再度試してみるも、症状は改善しない。cookieを削除して試してみても同じ・・・作者の方のブログにコメントを残してみたのだが、その後で、ひょっとしたらcookieに記憶されているPWが問題なのかも知れないと思い始めて、ログイン画面にある「パスワードの再設定」を試してみようと思いついたのだが・・・これが大誤算。

必要な情報を入力して先に進むと、いきなり「パスワードは再設定されました」との表示で、しかも、新しいPWは登録したアドレスに送付したという。


< 続きを読む >

Posted by 47th : | 17:22 | コメント (0) | トラックバック (1)

テスト→少人数クラス→ゼミ・・・疲れる

今日は、10時半からM&Aの最終試験。

サンプル問題として配付された問題が楽勝だったので、完全になめきっていたら、関数電卓での連続キャッシュフローの計算や配当がある場合の成長率の計算とか出てきて、意表を衝かれた・・・多分、あってると思うけど、問題数も結構あった上に選択問題も結局全部解いてしまったから終わったのが11時55分。

しかも12時5分からは、EU Corporate Law & Securities Regulationの授業。

この授業は3/2から始まってたんだけど、すっかり忘れていて、実は2回すっとばして、今日が初回。

・・・で、行ってみたら、ゼミ用の凄まじく狭い教室の上に、座席表までもう作成済み・・・テスト準備でコースパッケージも、ちゃんと読んでいなかったので、最初は、ちょっとちんぷんかんぷん。

しばらく進むと、EUの話とはいえ、しょせんは(?)会社法。「開発」とかの話に比べれば、土地勘のある領域なので順応できた(ほっ)。

ゼミみたいな感じなので、休み時間に、一応評価のことを確認したら、テストだけでアサインメントや出席・発言カウントはないということだったの一安心。

しかも、このHopt先生は、留学のときに推薦状を書いて頂いた大先生と共著で本も出しているので、その話をして、日本の買収防衛策の実務で関わっているという話をしたら、和んだ雰囲気に。

ただ、全く飲まずくわずでテスト、少人数コースは、さすがに・・・つらい。

で、4時からはゼミで、現在、アサインメントを読んでいるところ・・・来週春休みでよかった・・・

 


Posted by 47th : | 15:13 | コメント (0) | トラックバック (0)

花粉症・・・かな?

慢性的な軽い頭痛とだるさ、で、頭がぼーっとして、集中力が落ちる・・・風邪と非常に似た症状だけど、少し暖かくなりはじめた、この3月の時期を考えれば、多分、これは花粉症という気がする。

思い起こせば、去年はひどい目にあった。

ここまで体調も壊さずに順調にロースクールをこなしてきていたんだけど、ここに来て最大のピンチ到来な気がする・・・


Posted by 47th : | 16:26 | コメント (0) | トラックバック (0)

平原綾香 / 誓い (2006)

既にふぉーりん・あとにーの憂鬱の方でも紹介しているが、もうちょっと真面目なレビュー。

こういうタイアップ曲というのは、詩や曲に予めしばりがかけられることがあるんだろうし、タイアップ先がNHKということも考えれば、いやでも日本選手団応援歌という色合いは必要になる。

しかし、そうした制約の中でも、手に入れたものと失ったものとの間での葛藤を描き出すところに、小林建樹の天才を見せつけられる。

風が走るよ、生まれたての明日に胸が高鳴る
ふりかえらずに、このまま歩きだそう、新しい舞台へ

このシンプルな歌詞とメロディを、平原綾香が極めて丁寧に歌いあげる。
実は、最初は小林建樹の独特のメロディに、どうしても本人と比較をしていたのだが、聞き込むにつれ、違和感は消えた。

それだけに惜しいのが、大仰なプロダクションだ。平原綾香が、一つ一つの言葉とメロディに表情をつけようとしているのを、ステレオタイプなアレンジが逆に細かい起伏を塗りつぶしてしまう。

アルバムに収録されるときに、シンプルなピアノ・アレンジ(小林建樹本人だとなおよし)の追加を望みたい。


Posted by 47th : | 19:33 | コメント (0) | トラックバック (0)

改装+統合

大分長い間ほったらかしにしていたので、もう誰も見ていないけど・・・気分を一新して改装してみた。

あと、これまで別のブログにしていたCD紹介の"Vinyl Review"の方も、何だかスパムコメントに攻撃されてぼろぼろになってしまったので、こちらも統合(カテゴリーのVinyl Reviewにまとめてある)。

というわけで、このブログはふぉーりん・あとにーの憂鬱に向かない日常ネタと音楽ネタを中心のブログに生まれ変わるということで、今度こそ、ぼちぼちと更新予定。


Posted by 47th : | 19:16 | コメント (0) | トラックバック (1)

大賀:意外な再会

金曜日は事務所のパートナーがNY来訪ということで、NY在住の事務所弁護士参加の食事会。

場所は最近オープンしたばかりの、Mid Eastにある大賀。ボストンで人気の和食フュージョンということで期待は高まる。
場所は47th St. bet Lex & 3rd Ave.。ガラス扉を入ってすぐにウェイティング・バーがあり、軽くつまみながら日本酒やカクテルが飲めるというのは、典型的な和食屋とは違って、なかなかいい感じ。

今回は人数も多かったので、幹事にオーダーをお任せして、自分ではメニューを詳しく見なかったが、出てきた料理はどれも手間がかけられている。店の名前を冠した日本酒も飲んだが、これも食事によくあって、どんどん食が進み、非常に満足。

久々に会う事務所の面々とも会話が弾んで、7時から始まったのにお開きは12時近く。まあ、色々とあるけど、こういうオープンな雰囲気という意味では、うちの事務所好きなんだよね。

ただ、今回一番びっくりしたのは、そんなことではなく、大賀の店長をやっているのが、前にうちの事務所でバイトしていたN君だったこと!

ぼくが事務所に入った頃、コピールームにも近かったこともあって、バイト君たちと夜中に話したりしてたけど、その頃に公認会計士となったH君やうちの事務所の正社員となったN君たちと一緒にバイトをしていた。

バイトをやめてからは会う機会がなかったけど、何とこんなところで偶然会うとは!

びしっとスーツで決めて、外国人スタッフを含めて切り盛りする姿に、何というか、結構感動してしまった。

バイトをしていた頃から見た目とは違って(失礼!)、自分の立ち位置を持っているという印象を持っていたけど、その彼が自分の立ち位置を保ったまま、こうしてNYのトップクラスのレストランを預かる立場になっているのを見るのは、本当に嬉しい。

NYの和食業界の競争は熾烈だし、色々と大変なこともあると思うが、頑張ってNYでの大賀の評判を高めていって欲しい。


Posted by 47th : | 18:23 | コメント (0) | トラックバック (0)

 
About NY Life and My Favorite Music