« 知性の限界 | メイン | ASIA (Original Member) 9/8/06 »

(反)テロリズムと知的怠惰

内田樹の研究室:学習障害性ナショナリストを読む。

私が問題にしているのは、小泉純一郎個人のエモーションの純良さやその憂国の至情ではない。
どのような政治的効果をめざして、どのような政治的文脈の中でその行為を選択したのかについての「説明」だけを求めたのである。
もちろん、ある政治的行為を選んだ理由を決して説明しないということも一つの政治的行為である。そこまで含んでの政治的効果を狙っているということもありうる。
その場合は、「説明がなされない政治的行為」はなぜ説明がなされなかったのかについて考えなければならない。
それをずっと考えてきたのだけれど、小泉首相が東アジアとの外交関係を有利に展開するためにどのような深慮遠謀があったのか、ついに私にはわからないまま彼はその任期を終えようとしている。

ネットにあふれる小泉批判・賛美論の中で、もっとも納得感があったテキストはこれだと思うので引用するが、本題はむしろ以下の部分。

私は為政者が「ナショナリストのようにふるまう」ことはマヌーヴァーとしてしばしば有用であることを認める。
けれども為政者が「ナショナリストである」を喜ばない。
それは、ナショナリズムがほとんどの場合、知性の活動を低下させるからである。
若い人たちがナショナリズムに親和的になる理由の過半は、ナショナリストであることはそうでないことよりも政治的問題について考えるときの知的負荷が少ないからである。
(中略)
固有名詞や数値に詳しいのは(政治学者や社会学者の場合もそうだが)、スキームがもう出来上がっている人間の特徴である。
「容れ物」の外郭が固定されると、人間はトリヴィアルな情報をいくらでも詰め込むことができる。
どのような新しいデータが入力されても、スキームそのものが変化する可能性がないという見通しが立ったときに人間は異様に記憶力がよくなるのである。
(中略)
つまり、自分が現在その枠組みに基づいて世界を見ている枠組みそのものの有効性・妥当性を疑わせる情報を受容できないという無能力が、トリヴィアルな情報をためこみ、それを即時に取り出す卓抜な能力とトレードオフされているのである。
(中略)
もう一度繰り返すが、「ナショナリストのようにふるまうこと」はしばしば高度の知的緊張を要求する。だが、「ナショナリストであること」は特段の知的負荷を課さない。
特段の知的負荷を課さない知的活動を優先的に選択する知性は「あまり知性的ではない」と私は判断することにしている。
私は「マヌーヴァーとしてナショナリストのようにふるまう為政者」の狡知を愛するが、「本気でナショナリストである為政者」の知的怠惰は評価しない。

これを読んで「そうだよね」と思いながら、頭の中に浮かんだのは、ついさっき感じたBeckerとPosnerへの失望感のことだった。


「テロへの戦い」というフレーズには、「テロ=絶対悪」という図式が暗黙のうちに前提とされている。
「テロは罪なき人々の命を奪う非道な行為であり、絶対に許されてはならない」-一見極めて「正しく」見える言説だが、この言説は「テロ」という行為の持つ「意味」の探求を禁じている。
もし、テロに何らかの「意味」を認めることは、「テロ」を助長することになる-反テロリズムは、我々にそう訴え、いかなるテロに対しても毅然とした態度で臨むべきと説く。
だが、「罪なき人々の命」を精密ミサイルの誤射で奪うことや、「治安維持」「独裁者排除」のために奪うこと、あるいは、「一人の兵士の人質をとられたことの報復」のために奪うことは、「テロ」とは定義されない。
「テロは悪である」という主張を基礎付けるには、何が「テロ」であり、誰がどのような基準の下に「テロとそうでないもの」を定め、そして何が「テロによる罪なき人々の命の剥奪」と「主権の行使による罪なき人々の命の剥奪」を分けるのか・・・「テロへの戦い」には、その根本における問いにおいて、余りにも未解決な部分が多いように、ぼくには見える。
「テロへの戦い」というフレーズには、内田氏が言うところのナショナリストと同様の知的怠惰がある。それ故に、このフレーズを聞く度にぼくの胸にはさびた釘をなめたような何とも後味の悪い苦いものが湧き上がり、BackerとPosnerすらもが、Counter Terrorismを所与の目標として受け容れてしまっている姿に失望を感じるのである。

もっとも、それならテロに親和感を感じるかといえば、それもまたNOである。
単に「できるだけ多くの人の命を奪うこと」が目的化してしまったテロには、反テロリズムと同じか、それ以上の知的怠惰を感じる。

そう、テロについて考える度にどうしようもなくやるせない気持ちになるのは、この双方における知的怠惰の蔓延なのかも知れない。
本来、「知性」こそが人間と動物を分けるものであり、人間の最大の武器のはずなのに、お互いにそれを放棄して物理的な「力」に頼った先に待つものは、一体何なのだろう・・・

Posted by 47th : | 00:29

このエントリーのトラックバックURL:
http://WWW.ny47th.COM/mt/mt-tb.cgi/506

コメント

すごく共感します。
自分の思考の枠組みをある思想や主義に落とし込んでしまうこと全般に言える事ですよね。 だから、僕は、その意見そのものには賛同できても、ロジックが欠如してしまっている運動などには、あまり共感できなかったりします。

今度、知っているHRのミュージシャンがいたら、そちらにもコメントしますね^^ 

Posted by Taejun : 2006年09月12日 11:44

> Teajunさん
どうも。
私は「分かった気になる」言葉とか考えがとても苦手なんですが、最近は、(それとも昔からかも知れませんが)「格差社会」とか「構造改革」とか「Web2.0」とか、今ひとつロジックの分からない話が蔓延していて、何だかもやもやするんですよね。
音楽系のネタも趣味が合うものがあれば、是非コメント下さい^^

Posted by 47th : 2006年09月13日 23:43

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 
About NY Life and My Favorite Music