Economics の全エントリー

マンキュー先生、ピグー税を礼賛する

A Comeback for Pigou? (Greg Mankiw's Blog)

As all ec 10 students know, Pigovian taxes both produce government revenue and correct a market failure arising from an externality like pollution. I have long thought that Pigovian taxes are underused.

How about this for a political compromise?

The Democrats say they want more environmental protection. The Republicans say they want to make permanent the recent cuts in income, dividend, and estate taxes.Everyone says they want a smaller budget deficit. We can achieve all of these objectives by agreeing to higher Pigovian taxes, such as taxes on gasoline or carbon.

ピグー税は外部性のために既存の市場により定まる産出量が社会的に望ましくないレベルに達している場合に、それを調整するためにかけるものなので、仮にピグー税のレベルが外部性を超える形でかけられてしまうと過小アウトプットを生み出してしまう。

その意味で適切な水準の税率をかけることができるかどうかという問題があるように思える。あと京都議定書の話ではないが、外部性による利益は隣国あるいは世界規模で希釈化されてしまう以上、国家間レベルでのフリー・ライダー問題の解決が必要になるように思われる。あと、他のエネルギー生産手段、特に原子力へのシフトを促す点の評価が難しい。火力と違って原子力発電のもたらす外部性は確率論の問題であり、損害の予想も難しいので、火力以上に適切なピグー税を設計することは難しいし、かといって、それを誤ると原子力発電への過度のシフトが起きるように思われる。

・・・とか、色々考えると、なかなか一筋縄ではいかないように思えるが、マンキュー先生は自信満々だし、この最後の文のスタンスは憎めない。

Please don't post a comment saying how politically naive this is. I know it is. But I bet I could convince a majority of the American Economic Association to sign on!

Posted by 47th : | 00:30 | コメント (0) | トラックバック (0)

 
About NY Life and My Favorite Music