Entertaiment Law の全エントリー

ポリゴン・ゲーム世代に別所、藤村?

私はIPの専門家ではないんですが、プロ野球ファン&ゲーマーとして何となく気になったのが、このニュース。

プロ野球選手の肖像、使用許諾権は球団側に 東京地裁(asahi.com)

ゲームソフトやカードでのプロ野球選手の氏名や写真の使用許諾を選手側ではなく球団側が行っていることの是非が争われた訴訟の判決が1日、東京地裁 であった。高部真規子裁判長は「許諾権限は球団側にある」と判断。権限が球団側にないことの確認を求めた選手側の請求を棄却した・・・
各球団と選手が結ぶ統一契約書では「球団が指示した写真撮影などに関する肖像権は球団に属し、球団が宣伝目的のため、いかなる方法でそ れらを利用しても異議を申し立てない」としている。選手側は「宣伝目的」は「広告宣伝目的」だけで、「商品化目的」は含まないと主張した。
判決は、統一契約書は51年に米大リーグを参考に作られ、「パブリシティー」(氏名や肖像が持つ経済的価値を独占的に支配する財産的権 利)を「宣伝」と訳した経緯や、それ以前にも別所毅彦選手(巨人)のブロマイドや、藤村富美男選手(阪神)らの氏名や肖像を使用した玩具などで球団などが 許諾していた事情を指摘。「契約書もそうした慣行をもとに制定されたと考えられる」と述べた。  そして「宣伝目的」について「広く球団、プロ野球の知名度向上に役立てる目的」と定義。カードやソフトでの利用はそれに合致し、球団が許諾権を持つと結論づけた。

ご存じない人のために少しだけ解説を加えると、プロ野球選手のブロマイドや最近のリアル系野球ゲームでは選手の画像というのが使われるわけですが、このときにブロマイドの販売会社やゲームメーカーは誰から許諾をもらえばいいのかというお話で、球団からライセンスを受ければいいのか、それとも選手なのかという話です。

既に判決全文も裁判所のHPで公開されているのですが、当事者目録などが入っているとはいえPDFで120頁・・・で、全部読むのはきついわけですが、何が気になったかといえば、新聞記事で述べられているような理由付けの仕方です。

私の印象になりますが、肖像権に関する権利の所在が深刻化してきたのは、 巨大産業となったテレビゲームの人気コンテンツの一つとしてリアル系野球ゲームが普及したことと、球団のブランドを離れて選手個人で顧客誘引力を持つイチローのような選手が現れて、選手の肖像権が大きな経済的価値を有するようになってからという気がするわけで・・・そうすると、早くても90年代半ば辺りではないでしょうか。

こういう新しい問題を解決しようとするときに、そもそもコンピュータ・ゲームどころかカラー・テレビすらなかった時代の統一契約書ドラフトの際の経緯や別所、藤村の話を持ち出すのに、皆さんは違和感を感じられないでしょうか?


< 続きを読む >

Posted by 47th : | 22:05 | コメント (4) | トラックバック (0) | 関連エントリー (0) | Entertaiment Law

契約書は増田ジゴロウを救ったか?

実は、一時帰国前後のドタバタで残っていた宿題というのがいくつかあります。
その一つがamuさんからTBを頂いた増田ジゴロウの話です。
残念ながら、私は増田ジゴロウというキャラクターそのものはよく存じ上げませんし、この紛争の歴史的な経緯もリアルで追っているわけではありません。
amuさんの記事を辿っていくつかのブログに行き当たって経緯など多少見ましたが、それらを見る限りは、今回の事件に限って言えば、法的な争点は著作権の譲渡・許諾に関する合意の有無やその内容に関する事実認定に帰着するような気がします。
というわけで、法廷に行っても争われるのは「言った言わない」という藪の中の世界であって、ブログ界で議論されているような内容が法廷に持ち込まれていくという話で、法律家としてのコメントというのは余りありません。
ただ、私の視点から興味深かったのは、神奈川テレビとジゴロウの作者のダイスケさんとの間には一切契約がなかったということです。
この点について、amuさんは次のようにコメントされています。

そもそも神奈川新聞の記事で、「契約書を交わさないのは放送業界ではよくあること。」とtvkが言っていることが問題であると思います。契約書を交わさないで問題が起きたら首を切る。そんな世界なのでしょうか?弱い者に対してはどこまでも力を誇示し、そしてマスコミの力を利用する。

ニッポン放送の問題の時もそうでしたが、マスコミの体質の問題はかなり根が深そうですね。

では、契約書を最初に交わしていたら、どうなっていたんでしょう?・・・というのが、今回の私の興味関心です。


< 続きを読む >

Posted by 47th : | 12:11 | コメント (6) | トラックバック (5) | 関連エントリー (0) | Entertaiment Law

 
法律・経済・時事ネタに関する「思いつき」を書き留めたものです。
このブログをご覧になる際の注意点や管理人の氏素性についてはAbout This Blogご覧下さい。