General Corporate の全エントリー

会社法現代化の大功と微罪

新会社法における定款自治の限界?について、葉玉さんからコメントをいただきました。
・・・やっぱり、ご覧になってるよなぁ・・・葉玉さんだけじゃないよなぁ・・・と思っても、あとの祭りなんですがorz
まあ、思っていることは思っていることだし、隠してもしょうがないからとは思いつつ、ふと、葉玉さんのコメントの次の部分を読んだ後に自分のエントリーを読み直すと、確かにトーンがネガティブに過ぎるような気がしてきました。

私達の感覚では、定款自治の範囲が現在より広がりこそすれ、狭まっているとは思えないのです。
もちろん会社法は強行法規が多いですけど、商法だって強行法規は多いですし。

これは、仰るとおりです。
この前のエントリーだけを読むと、会社法現代化は、まるで規制強化をはかったみたいですが、そういうことではありません。
ガバナンス構造の選択の幅やファイナンス手法の柔軟性は旧商法に比べて飛躍的に広がっています。
組織再編部分の整理・柔軟化や種類株式制度、会社財産分配制度の合理化といった目立ちやすいところ以外でも、資本制度のあり方や計算関係規定の考え方なども非常に考え抜かれていますし、個人的には要綱レベルでの提案のほとんどについては合理的だと思っていました。
その意味で会社法現代化の「功」は、計り知れません。
ただ、そのことと新会社法に不満を持たないということはイコールではありません。
どんな商品でも全体的に満足していても、どこか細かいところでは不満が残るものです。また、そうしたユーザーの不満が商品の改良につながるのではないかと思います。
というわけで、この際、一ユーザーの不満を述べさせていただくと・・・・条文数が多い、とか、条文の体裁が取締役会非設置会社を原則として書いているので直感的に読みづらい、とか、しばしば旧商法であったはずの条文がどこに飛ばされたのか見失うことがある、とか・・・まあ、これは愚痴です。勉強します。はい。
そういうユーザーサイドの怠惰さに起因する不便さは措いておいて、本当に気になっているのは、条文相互間の関係を徹底的につめ、条文の意味をできるだけ明確化しようとする超人的な作業の中で、会社法の基本的な原理で要綱段階では議論されなかった部分についても一定の立場を織り込んでしまった(あるいは、そういう具合に読めてしまう)部分があるところです。
前に少し触れた株主平等原則を明文化した109条や今回の定款規定に関する29条などは、そうした観点で気になっています。旧商法の下で解釈に委ねられていた部分について条文ができること、あるいは、立法担当者が一定の解釈をとられることは、実務的には大きな影響を及ぼす可能性はあるように思われます。ただ、そうした個別の条文の解釈論において生まれるリスクと、全体の会社法現代化というプロジェクトのもたらすベネフィットでは、全く比べものになりません。
・・・というわけで、会社法の個別の条文の解釈についていろいろと愚痴をこぼすとしても、それと旧商法の方がよかったかというのは全く別の話だということは、ご理解いただけると幸いです。


Posted by 47th : | 13:26 | コメント (4) | トラックバック (1) | 関連エントリー (0) | General Corporate

「擬似外国会社」規定と「レース」 (1)

ろじゃあさんによると日経朝刊で擬似外国会社に関する会社法821条がとりあげられていて、これで外資系会社が取引を継続できなくなると騒いでいるらしい・・・とのこと。

今頃になって騒いでいるのか、あるいは最近ネタが解禁になったのか・・・いずれにしろ外資系会社について問題だろうことはよくわかるが、証券化のSPCやM&Aや事業再生関係の債権や資産の買取のためのSPCも問題となり得る規定。既存の譲り受け分や既発債などの取り扱いについてはとうの昔に手当て済だとは思うが、今頃になって外資系証券についてこれが問題になるということは、まだ証券化関係等で未対応の主体も多いということなのかなぁ。

ちゃんと調べたことはないのですが、外資系の金融機関(投資顧問なんかも含めて)ではバミューダあたりに○○Securites Ltd. (Japan)とか置いてやっているところは結構あるので、擬似外国会社は「継続的取引ができない」と言われてしまうと、やはり、それなりに困るところは多いのではないかと^^;
ただ、ろじゃあさんの仰るとおり、この問題は、そんなに目新しい話ではありませんよね。


< 続きを読む >

Posted by 47th : | 13:58 | トラックバック (3) | 関連エントリー (0) | General Corporate

 
法律・経済・時事ネタに関する「思いつき」を書き留めたものです。
このブログをご覧になる際の注意点や管理人の氏素性についてはAbout This Blogご覧下さい。