Legal News の全エントリー

反進化論(ID論)教育への違憲判決

Judge Rejects Teaching Intelligent Design (New York Times (subscription required))

A federal judge ruled on Tuesday that it was unconstitutional for a Pennsylvania school district to present intelligent design as an alternative to evolution in high school biology courses because it is a religious viewpoint that advances "a particular version of Christianity."

・・・ということで、産経新聞でとりあげられたり、bewaadさんが厳しいつっこみをしていたのでご存じの方も多いかと思いますが、反進化論(Intelligent Design論)を学校教育で教えることは違憲という判断が連邦地裁で下りました。


< 続きを読む >

Posted by 47th : | 11:57 | トラックバック (0) | 関連エントリー (0) | Legal News

日本版産地認証制度?

日本酒にも「産地ブランド」・国税庁が新制度 (NIKKEI NET)

国税庁は10月から、日本酒の産地ブランドづくりを後押しするねらいで新しい制度を設けた。仕込み水を地元で調達するなどの条件を満たした商品に限って産地名を冠したブランドの使用を認める。・・・製造地域、仕込み水、酒米、精米歩合などのブランド基準を国税庁が認定する。白山菊酒では「水は白山水系の井戸水」「1等以上の酒造好適米を使う」などが条件になる予定だ。国税庁は年内にも認定する。

ワインとかを飲む人なら知っている人も多いと思いますが、ヨーロッパでは産地認証制度ということで、産地や製法で名乗れる銘柄が決まっています。ハムとかチーズとかも、この産地認証制度の適用があって、何でもかんでもプロシュートと名乗れるわけではないわけです。
私の知っている限りでは、日本ではこういう官製の産地認証制度というのはなくて、「魚沼産コシヒカリ」とか「関サバ」とか、産地名を商標登録して、実質的に産地管理をやろうとしてきたんじゃないかと思います。
確かに民間の商標登録で管理をすると、例えば安い価格で出荷しようとする業者には商標使用を認めないといった形での競争排除とかが起きる可能性もあるので、その辺りに問題なしというわけでもありません。その意味ではこういう「官製」の産地認証制度の導入も検討する価値は大きいと思います。
・・・ただ、それを「国税庁」がやるというのは、どうなんでしょう?
確かに酒税法は、何を「酒類」として課税するかという観点から、いろいろと要件を定めているので、その延長という考え方もあるかも知れませんが、租税回避の逋脱という観点から外延を定めるのと、消費者利益の観点から産地認証を定めるのでは、政策目標や基礎となるデータの種類も変わってくるんじゃないかという気がします。
くれぐれも産地認証を受けた日本酒の税率を高くしたりとかいう方向で、税収確保の道具に使われないといいのですが・・・


Posted by 47th : | 12:58 | コメント (5) | トラックバック (0) | 関連エントリー (0) | Legal News

オンライン・ギャンブル・ビジネスのギャンブル

At PartyGaming, Everything's Wild (New York Times)

A giant in the online gambling business, PartyGaming is an often-overlooked megasurvivor from the dot-com crash of the late 1990's.・・・This week, the company will go public in what is expected to be the largest offering in years on the London Stock Exchange, one that will make billionaires out of its ragtag assortment of founders and major stockholders ・・・But there will be no Wall Street investment houses lapping up fees in the giant deal, no victory dances in the offices of American corporate lawyers. That is because PartyGaming, based in Gibraltar, has no assets in the United States, and its officers or directors could risk being served with a civil suit - or an arrest warrant - if they came to the United States on business.

The reason? The Justice Department and numerous state attorneys general maintain that providing the opportunity for online gambling is against the law in the United States - and PartyGaming does it anyway. Indeed, of its $600 million in revenue and $350 million in profit in 2004, almost 90 percent came from the wallets and bank accounts of American gamblers.

ジブラルタルに本社を置くPartyGamingが、今週ロンドン証券取引所に上場を果たします。オンライン・ポーカー・ビジネスを行うPartyGamingの売上げの4分の3は米国からのものなのですが、実は、米国の司法当局はオンライン・ポーカーは違法だと主張している・・・ということで、PartyGamingのオファリング資料には、米国の司法当局が違法と主張しているということを堂々と記載しつつ、上場を果たそうとしているという話です。


< 続きを読む >

Posted by 47th : | 12:03 | コメント (2) | トラックバック (0) | 関連エントリー (0) | Legal News

権限争いと訴訟?

先週の話になりますが、Comptroller of the Currency Administrator of National Banks(OCC)がNY州の司法長官であるEliot Spitzerに対して訴訟を提起しました。以下は、そのプレスから。

The Office of the Comptroller of the Currency filed suit against the New York Attorney General today, seeking a declaratory judgment and preliminary injunction to prevent him from interfering in the OCC’s fair lending examination and supervision processes at national banks. The OCC’s action follows the filing of a suit by The Clearing House Association, New York, seeking similar remedies against the New York Attorney General.

< 続きを読む >

Posted by 47th : | 18:40 | トラックバック (0) | 関連エントリー (0) | Legal News

IPOの「お値段」のもたらすもの

少し前にIPOにおける投資銀行の利益相反問題というのをご紹介したのですが、その続報的な話しです。

Has Wall Street Changed Its Tune? (New york Times)

WHEN the Warner Music Group went public last month, Edgar Bronfman Jr., its flamboyant chief executive, took a victory lap at the New York Stock Exchange. After the Led Zeppelin guitar god Jimmy Page serenaded traders with "Whole Lotta Love," the band's 1969 hit, Mr. Bronfman wandered the floor with a bevy of investors in tow.
(中略)
Merrill decided it had to drop out of the Warner offering after its top media research analyst, Jessica Reif Cohen, told her firm's senior bankers that they were overpricing the shares, according to several executives involved in the initial public offering. And her opinion cost Merrill not just a prestigious client, but also millions of dollars in fees.

Ms. Reif Cohen, it turns out, was right. In fact, the I.P.O. was such a dud that Warner Music had to lower the planned offering price to $17 a share, down from a range of $22 to $24. The price has generally been flat ever since; on Friday, the shares closed at $16.82.

< 続きを読む >

Posted by 47th : | 21:01 | トラックバック (0) | 関連エントリー (0) | Legal News

新薬の開発と特許の範囲

Drug Patents Don't Bar Rival Research (New York Times)

Drug companies have freedom under the Food and Drug Administration rules to ignore their rival's patents when starting research on competing medications, the Supreme Court ruled Monday.

新薬の研究段階で競合する既存薬品の特許ライセンスを得る必要がないという、この判決自体の位置付けや合理性について考えるほどのネタはないのですが、この記事で興味深かったのは次の点です。


< 続きを読む >

Posted by 47th : | 12:57 | コメント (2) | トラックバック (0) | 関連エントリー (0) | Legal News

IPOにおける投資銀行の利益相反問題

Ruling Allows Suit Accusing Goldman of Conflict in Stock Offering

A state appeals court ruled on Tuesday that a lower court could hear a case about whether an investment firm hid a conflict of interest for its own profit when it was hired to help a start-up company take its stock public.

事案の内容はというと・・・


< 続きを読む >

Posted by 47th : | 11:14 | トラックバック (0) | 関連エントリー (0) | Legal News

米国における投資家のプレッシャーと企業の対応~Siegelの場合

Siebel directors under fire

For many companies, annual shareholder meetings typically are dull affairs. But for Siebel Systems Inc., its gathering June 8 may represent no less than a referendum on the software company's future.

Under mounting pressure to distribute some of its $2.2 billion in cash to shareholders or contemplate a sale, the embattled San Mateo, Calif., vendor of customer management software can expect a hostile crowd at the gathering in San Francisco.
(中略)
Siebel shareholders Jana Partners LLC, a San Francisco fund with $4 billion under management, and Providence Capital Inc., a New York investment firm, have threatened to withhold their votes for Tom Siebel and management's other directors. Providence Capital president Herbert Denton was unavailable for comment, but he previously called Siebel a "decaying asset" and in April staged a meeting of shareholders to discuss strategic alternatives for the company.

CRM(Customer Relationship Management)のコンサルタント会社もIRは専門外ということですかね・・・また、続報が入ったら追記します。


Posted by 47th : | 11:00 | トラックバック (0) | 関連エントリー (0) | Legal News

SOXのお値段

Economistの記事より

A price worth paying?

The cost of all this is steep. According to one study that has attracted a lot of attention, the net private cost amounts to $1.4 trillion. This astonishing figure comes from a paper by Ivy Xiying Zhang of the William E. Simon Graduate School of Business Administration at the University of Rochester. It is an econometric estimate of “the loss in total market value around the most significant legislative events”i.e, the costs minus the benefits as perceived by the stockmarket as the new rules were enacted. In principle, this ought to reflect all the anticipated costs and benefits, direct and indirect, that impinge on company values. If this number were true, SOX would have to prevent an awful lot of unforeseen losses due to fraud before it could be judged a good buy.

"million"とか"billion"じゃなくて、"trillion"というと、普段使う機会がないので、ぴんとこないのですが、要は1.4兆ドル・・・1円100円計算でいうと・・・104兆円・・・
このリサーチの数字を信じていいのかどうかという問題が大きいわけですが・・・もう一つのお値段のお話として


< 続きを読む >

Posted by 47th : | 10:38 | コメント (2) | トラックバック (0) | 関連エントリー (0) | Legal News

アメリカ社会のGRAY ZONE

Black, White or Gray (New York Times)

Mr. Thomas is black, and he believes that his treatment is a result of racial discrimination.

On May 17, Mr. Thomas, who uses the first name Marc, sued G.E. He insists that racism is pervasive at G.E., not only at his unit's headquarters in Irving, Tex., but throughout the company, which is based in Fairfield, Conn. He is seeking to have the suit certified as a class action.

まず、この記事のネーミング・センスのよさに座布団を1枚。
内容としては、一種の典型的な企業内の人種差別問題なのですが、GEという米国を代表する先進的企業で起きたということが衝撃を与えているようです。
企業側(GE側)(WHITE)、黒人労働者側(BLACK)双方からの見方をバランスをとりながら紹介しつつ、最後に残る"GRAY ZONE"について次のように記者は述べます。

Both sides are marshaling their arguments. But already the suit offers an example of how people can look at the same numbers and draw opposing conclusions.

It shows that no matter how race-neutral its policies, no company can be certain that it has rooted out racism, particularly in locations far from where policies are set. It offers a powerful illustration that employees who feel wronged will not be satisfied by diversity programs or statistics showing that others in their group are progressing.

この事件の結論がどうなるかということは別に、色々な識者のコメントを含めて人種差別という問題が今なおアメリカ社会に根深く残っていることを印象付ける記事でした。


Posted by 47th : | 18:54 | コメント (1) | トラックバック (0) | 関連エントリー (0) | Legal News

米国企業年金制度の「抜け穴」

(6/8追記あり)
日本の年金問題と同じく、アメリカでも社会保障(social security)問題が第2期ブッシュ政権の最大の課題の一つとして重要視されていますが、このニュースは、ひょっとしたら企業年金のあり方にも多くの問題を投げかけるきっかけとなるかも知れません。

Pension Loopholes Helped United Hide Troubles (New York Times)

Loopholes in the federal pension law allowed United Airlines to treat its pension fund as solid for years, when in fact it was dangerously weakening, according to a new analysis by the agency that guarantees pensions. That analysis is scheduled to be presented at a Senate Finance Committee hearing today

この記事によれば、倒産によりUnited Airlineには830億ドル(8~9兆円)の積立不足があったことが判明したにもかかわらず、倒産までの間の財務報告では積立は十分で追加資金は不要とされており、それを可能としたのが、ここでいう抜け穴(loophole)だということです。


< 続きを読む >

Posted by 47th : | 13:05 | コメント (2) | トラックバック (0) | 関連エントリー (0) | Legal News

SEC委員長の退任

Bush Nominates Congressman to to Replace Donaldson at S.E.C. (New York Times)

William H. Donaldson, the chairman of the Securities and Exchange Commission, announced his resignation on Wednesday, after repeated criticism from his two fellow Republican members of the agency and from some business groups and administration officials who contended that his enforcement and policy decisions had been too heavy-handed.

エンロン事件以降の厳格化する証券規制には、日本で働いているときにも少し驚きを感じていたいのですが、米国内でもその辣腕ぶりに対する反発が強まったということのようです。

Acting Quickly, Bush Nominates Congressman to Lead S.E.C. (New York Times)

President Bush today nominated a Republican Congressman from California, Christopher Cox, to be chairman of the Securities and Exchange Commission, replacing William H. Donaldson, who announced his resignation on Wednesday.

後任者としてブッシュ大統領が指名したのは大方の予想通り、カリフォルニア州の共和党議員Cox氏で、今後のSECの行末に注目が集まります。
個人的には、エンロン事件以後の米国証券法の方向性は、やや過剰反応のきらいがあったように思っているのですが、他方で証券市場のあり方に対する強い責任感は日本の規制当局としては大いにお手本となるところがあるような気がします。

----------------------------------------------

関連記事


Posted by 47th : | 15:09 | トラックバック (0) | 関連エントリー (0) | Legal News

Not going as "Runaway Jury"

今日はコネタが続きますが、これもクリップで・・・

Appeals Court Rejects Widow's Negligence Claim Against Gun Company

An appeals court on Wednesday rejected a lawsuit that the widow of a teacher gunned down by a 13-year-old student had filed against a gun distributor.

去年、映画になったRunaway Jury (邦題:オーランド・トライアル)では、陪審の評決で銃器メーカーに賠償責任が認められたわけですが、この訴訟に関してはうまくいかなかったようです。
法律論としてみると、因果関係はあるわけですが、この理屈を追及していくと、自動車事故の被害者は自動車メーカーから賠償をとれるという話にもなってしまうわけで、典型的な「相当因果関係」(proximate cause)の問題ということになりそうです・・・実際、2002年には陪審は120万ドルの賠償責任の評決を出したのを判事が採用しなかったのも、おそらくはproximate causeという法的判断の問題であって陪審による事実認定の問題ではないということだったのだとは思いますが・・・
・・・ということは映画では、陪審で賠償が認められたところでハッピーエンドだったわけですが、後日談として評決が採用されないということもあり得たわけですね。
まあ、そういうつまらないことは抜きにしても、陪審コンサルタントに焦点を当てた、この映画はテーマとしても興味深く、また、出演者の演技とかも素晴らしくイチオシですので、まだご覧になったことのない方は、お暇なときにどうぞ。


Posted by 47th : | 17:53 | トラックバック (0) | 関連エントリー (0) | Legal News

 
法律・経済・時事ネタに関する「思いつき」を書き留めたものです。
このブログをご覧になる際の注意点や管理人の氏素性についてはAbout This Blogご覧下さい。