« ビッグ・ディールに横やり | メイン | こんな政治家いたらいやだ・・・しかし、いる »

ぐらみんとモーソー

日本では朝型の人がそろそろ活動を始める時間だよねと思って、Bloglinesをチェックしていたら、ろじゃあさんのところが更新されているのを発見(・・・しかも2件!)
まずは星新一と環境問題を重ねる相変わらずの軽妙さに敬服しながら、NGOによる子供開発銀行・・・マイクロファイナンスと金融業の社会的責任という重そうなエントリーを読んでいると・・・ぐらみんの話が・・・
Book_061605.jpg ぐらみんについては、私がちょこちょこ書くよりも「ムハマド・ユヌス自伝―貧困なき世界をめざす銀行家」を読んでもらうのがいいような気がします。何せ自伝なんで、何割かの美化は入っているのでしょうが、それにしても、もう何年前になるのか分かりませんが、私にとっては「泣ける」本でした。
いろんなエッセンスがあるのですが、ユヌスさんは貧困にあえぐ人たちに高利で金を貸し付けます。貧しい人に高利貸しをするなんて、とんでもないという発想に対して、ユヌスさんは、「女性が高利で借りて、元本と利子を返済するために買い入れた原料に手を加えて付加価値をつけて売る。そして、元本と利息を返したときに、女性たちは自分たちが単に社会の重荷や男性に従うための存在ではなく、何かをやり遂げられる存在なんだという自信を持てるようになる。それが貧困からの脱出の一歩なんだ」と説明してくれます(何せ昔読んだ本なので、かなり意訳してしまっているかも知れませんが・・・)。
理想論に聞こえるかも知れませんけど、この中には「経済」とか「お金儲け」に対する本当に深い洞察があるような気がしますし、この発想を持つためには、多分、銀行家として富裕層も相手にした経済活動にどっぷり漬かっていないとできなかったような気がします。
企業法務の弁護士をやっていると、ときどき「知的好奇心を満たすから楽しいけど、これでいいのかな?」という後ろめたさみたいなものを感じるときがあります。そのときに、「ぐらみんみたいに、この分野をつきつめることで、きっと見えてくるものがあるんだ」というモーソーが、ひそかな救いになっていたりするんですよね・・・


Posted by 47th : | 19:17 | 雑感

関連エントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://WWW.ny47th.COM/mt/mt-tb.cgi/85

このリストは、次のエントリーを参照しています: ぐらみんとモーソー:

» 国際貢献・・・「ぐりとぐら」じゃなくて? from にょぶろ!レッドロックスの風を見よ!(マイルハイ・クィーンシティから見た風景)
ろじゃあさんと47thさんがグラミンバンクのお話をされていた。http://ro [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年06月17日 02:41

» ムハマド・ユヌス(銀行家) from 出世魚王
私たちはみなそれぞれ内側に隠されたものを持っている。 それを捜し求める機会が十分にないだけなのだ。 自分の可能性限界まで試すことができる環境を作... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年08月29日 21:56

コメント

47thさんへ
「47thさんは私だ!」(脊髄反射的で意味も相当違うと思うんですが「ボリヴァー夫人は私だ」というフレーズからこれが・・・)。
ろじゃあは、安心しました。企業法務、渉外法務をやってる弁護士さんに、こういう考え方に共感できる人がどのぐらいいるか・・・とずっと思ってきたんですけど、今の若い人も捨てたんもんじゃない・・・(←何歳だと思ってんじゃ)と思えるきっかけになりそうです。ちょっと時間がないので、また夜中かその「延長上」の朝だなあ(^^;)。どうもありがとうございました。

Posted by ろじゃあ : 2005年06月16日 21:59

>ろじゃあさん
私はしょせんモーソーどまりですが、私の知っている人はモーソーを現実にしています。モーソーは易し、行うは難しで、捨てたもんじゃないと思ってもらえるには、ちょこっとでもいいからモーソーを現実化するようにしないと(汗)
こちらこそ久しぶりにグラミンの話しを思い出させて頂き、ありがとうございました^^

Posted by 47th : 2005年06月17日 00:21

初めまして!
わたくしの拙ブログを書くために、ヤヌスで検索したところこちらにたどり着きました。
すばらしいブログを書いてらっしゃる方が同じNYにいたということをとてもうれしく感じております。

また時間をみてじっくり過去記事、現在記事なども拝見させてください。

まずはご挨拶まで。

あ、もしこのコメントを見ていただけたらひとつ質問があります。
高利での貸付というのは何%ぐらいだったのでしょう。わたしは、てっきりチャリティで、低利子でやっているとばかり思っていました。

Posted by Rumi Common : 2006年10月26日 07:02

>Rumi Commonさん
どこの数値をとるかにもよりますが、平均的な貸出利率(名目年利)でいうとグラミンは20%というデータがあります。
ただグラミンは先行者ということもあり、経営的には最も安定しているところですので、他のマイクロ・ファイナンス機関はより高利です。例えば、ボリビアのBancoSolは47.5-50%、インドネシアのBank Rakyatは32-43%、同じくインドネシアのBadan Kredit Desaは55%というデータがあります(何れもKhawari(2004)から)。

Posted by 47th : 2006年10月26日 12:46

47th さま、

大変ご丁寧に回答をありがとうm(_ _)m
20%とは腰を抜かすほどの高利ですね。
でもボリビアの数字を見て2度驚きました。
それでもノーベル平和賞・・・
ニューヨーカーの記事にはこの辺のこと一切書いてなかったように記憶しております。
大変参考になりました。ありがとうございます。
NYも寒くなってきましたね。(今日は嵐ですが)
どうぞお体ご自愛くださいませ。

Posted by Rumi Common : 2006年10月28日 09:41

 
法律・経済・時事ネタに関する「思いつき」を書き留めたものです。
このブログをご覧になる際の注意点や管理人の氏素性についてはAbout This Blogご覧下さい。