« 米セブンイレブン特別委員会、TOBに反対? | メイン | 松下電器、年金減額訴訟 »

「大人度」って何だろう?

つい先ほどまでヤンキース戦を見に行っていたのですが、戻ってきてのんびりとBloglinesをチェックしていたら、ろじゃあさんが「ビジネス・ローという領域・・ドレスコードとドレスチェックのある館(^^;)」という興味深いエントリーを書かれていて、「なるほどぉ」と暢気に読んでたら、いきなり自分の名前が・・・

本当に自己実現したいなら・・・地方で食っていくか東京等の大都心で食っていくかは別にして・・・早く実務の認識ができるような「大人度」を高める必要があるでしょうね。それは自分自身のリスクマネジメントができるかどうかということです。
  ここ数年、ろじゃあはこの事実をどうやって実務に携わっている(あるいはそれを希望する)世の中の若手に伝えるべきかを悩んでいるところなのでありました。アメリカに、たとえばNY大学のロースクールに留学するようなことがあれば自ずと自覚できるとおもうんですけどねえ。47thさんに話してもらったほうがいいのかなあ・・・。

え?・・・「大人度」ですか?
「NY大学のロースクールに留学するようなことがあれば自ずと自覚できる」・・・うっ・・・自覚が実は乏しい・・・っていうか、最近どんどんディープに趣味の世界にはまっていて、どちらかというと専門領域に関係のある証券取引法(Securities Regulation)なんかも「朝いちだし、細かそうだからいいや」とパスしてしまうという、いっけん「大人」とはおよそ対極にある行動原理で動いているのですけどぉ・・・
・・・というところで、自分がろじゃあさんの言わんとしていることを、とても正解しているとは思わないのですが、ろじゃあさんの示唆する「大人度」って、ひょっとしたら、そういう一見回り道に見えることを、自分の生き方につなげる能力と関係があるのかも知れませんね。
うまく言えないんですけど、趣味を趣味というだけで終わらせてしまうのは「子供」、逆に「役に立つもの」や「結果につながるもの」を集めることに終始したり、「要領」で世の中が渡れると思っているのは「小賢しい若者」で、自分の中の価値観と仕事をうまく結びつける道を見ているのが「大人」ということかな?と
・・・と、とりあえず、これから食事に出てしまうので、思ったことを脊髄反射的にろじゃあさんへのコメントに代えて書き留めておきます。
続きは・・・あるような、ないような・・・とりあえず、食事して明日の予習が済んだら考えます・・・あ、あとbunさんの謎は、私も実はすごーーーーく気になっているんですが、その昔のbunさんのエントリーで、会わぬもまた粋というのがあって、それにもすごく共感してしまったんですよね。


Posted by 47th : | 19:10 | 雑感

関連エントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://WWW.ny47th.COM/mt/mt-tb.cgi/138

このリストは、次のエントリーを参照しています: 「大人度」って何だろう?:

» ビジネス・ローという領域・・ドレスコードとドレスチェックのある館(^^;) from 法務の国のろじゃあ
  埼玉のよっちゃんがついに遊びに来てくれたようで。   ひまわりてんびんさんに [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月25日 19:48

コメント

あははっ・・・
ろじゃあです。
いえいえ、少なくとも英語とか得意な人間でも他の国から来てる人間と否応がなしに話をしなければならなくて、「自分と異なる立場の人間がいるのが当たり前」で、それを自力で「説得して」、何とか自分のやりたいことをやる・・・。学んでいる段階からそれだけ自分が「社会的存在」であることを認識せざるを得ない中で自己実現していくには、何とかして色々試していくしかないでしょう・・・自分を前面に出したり自分を控えたりして・・・そういう社会での当たり前の経験から実社会を早く認識できる力を養って実社会を知る努力をして、その過程で法律の枠組みとか問題を身近なものとして考えて想起することが出来る能力と姿勢・・・NYで47thさんから伺った話を総合してろじゃあが頭の中で再構成すると、大人度ってこんな能力、姿勢をイメージしてるんですけどね。その意味では・・・「自分の中の価値観と仕事をうまく結びつける道を見ているのが「大人」ということかな?」・・・そのとおりです(^^)。
ろじゃあから見ると47thさんはもうこの「大人度」を既に相当レベルまで高めていてるからこそ、あのNYの中で「選択の自由」を手にしているということになりますね。

Posted by ろじゃあ : 2005年09月25日 19:47

 
法律・経済・時事ネタに関する「思いつき」を書き留めたものです。
このブログをご覧になる際の注意点や管理人の氏素性についてはAbout This Blogご覧下さい。