« 蛇の生殺し? | メイン | おつかれさま »

日本代表とコポガバを強引に結びつけてみる、の巻

普段拝見させていただいているブログでも、昨日の日本戦については色々コメントがされていて、参考にさせていただいているのですが、その中でマスコミのヘッドラインを並べて「なんか、甘いような。。。何かをごまかしているような。。。。何かから目を背けているような。。。」とコメントされている方がいて(ご迷惑になるといけないのでリンクは貼りませんが)、全くもって同感です。

既にジーコ采配については、いろいろと批評がされているわけですが、その議論の行き着く先は「監督が変われば強くなる」ということかも知れませんが、本当にそうなんでしょうか?

例えば、日本が22日のブラジル戦で、①ブラジルに2点差をつけて勝って予選突破したら、②2点差をつけて勝ったが予選突破できなかったら、③ブラジルに勝ったが1点差だったら、④ブラジルと引き分けたら、⑤ブラジルに1点差で負けたら・・・それぞれの場合のジーコ・ジャパンに対する「評価」は、どうなるんでしょう?

もちろん、「評価」において、目に見える「結果」は大事ですし、WCでの成績というのは、究極的な目標の一つであることは確かです。
企業経営になぞらえていえば、経営者の能力を測る上で株価とか、会計利益というのは大切な要素であることは否定できません。でも、株価の上がる原因が投機目的に売り買いでもいいというわけではありませんし、会計利益の源泉が本業とは関係ない金融取引からのものであったり(笑)、収益のあがっているコア事業を売却してあげた一過性の収益であってもいいという話ではありません。

そもそも、株価や会計利益のような外から素人が見ても一見明白な結果だけで経営者のよしあしが測れるのであれば、経営陣と独立した取締役会のようなガバナンスの仕組みは要りません。

ガバナンスには色々な要素がありますが、その中でも重要なのは、中長期的な課題とそれに適切に対応した評価指標の設定、そしてその実行状況のモニタリングです。

ジーコ監督の率いた4年間の日本代表において、どのような課題が設定され、その進捗を測るためにどのような指標が設定されたのか・・・何れにせよ退任が確実なジーコについて論じるだけでなく、こうしたガバナンスのあり方を見つめないと、結局、監督のクビをすげかえても同じことが続いてしまうんではないかという気もするところです。

国民は株主と違ってマネッジメント(監督)をモニターする取締役会(日本サッカー協会)のメンバーを選ぶことはできないところが違うわけですが、それでも、こういうガバナンスという視点からも色々と考えていくことは、4年後、8年後を考えると重要なんではないかという気がします。

最後に、今日のWCですが、まずはシェヴァのWC初得点と予選突破に望みをつないだことにまずはほっと一息、で、ラウールの流れを変える技ありの一発に座布団1枚ということで。


Posted by 47th : | 22:27 | Sports

関連エントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://WWW.ny47th.COM/mt/mt-tb.cgi/486

このリストは、次のエントリーを参照しています: 日本代表とコポガバを強引に結びつけてみる、の巻:

» ビジネスとしてのサッカーワールドカップ from ヘルス・コミュニケーション日記
クロアチア戦残念でした。何がって、攻撃のことばかり やってきたジーコジャパンの攻撃力があの結果だった ことです。サッカーというスポーツの難しさを見た思... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年06月20日 21:18

» コーポレート・ガバナンス from マルコ式ネット白書

企業にとって、ある一定の人員規模になると必ずと言っていいほど問題になってくるのが、企業統治です。数名程度の規模であれば、社長が全権をもって対処すれば... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年07月02日 00:16

コメント

失礼しました、入れ違いで既に新エントリー更新されていたのですね。

> ガバナンスには色々な要素がありますが、その中でも重要なのは、
> 中長期的な課題とそれに適切に対応した評価指標の設定、
> そしてその実行状況のモニタリングです。
>
> ジーコ監督の率いた4年間の日本代表において、どのような課題が設定され、
> その進捗を測るためにどのような指標が設定されたのか・・・
> 何れにせよ退任が確実なジーコについて論じるだけでなく、
> こうしたガバナンスのあり方を見つめないと、
> 結局、監督のクビをすげかえても同じことが続いてしまうんではないかという気もするところです。

上記のご意見について、
・「過程の重視&チェック強化」は、目指すべき方向として、非常に賛成です。
・ただし、現状では 「監視・チェック」作業に必要な土台がまだ弱いためマイナス面が強く出かねず、
 むしろ現在必要なのは、その前段階の「土台構築」のように思います。
(サッカーファンの間で、日本サッカー観の構築・プロセス重視の意識を育成し共有できる事)

<理由>
ガバナンスには、"判断基準"と"主体(誰が)"、の2点が重要な要素、と思いますが
その2点で、現在の日本サッカー界はまだ土台が弱い気がするためです。

●判断基準
私は、
『中途のプロセス(取組み)を基にした判断が長期的には重要。
 一面の結果のみ判断材料にした評価では、むしろ長期的にマイナスに働きかねない』
の見解です。
(概ね47thさんと同じ意見でしょうか?..私には「監視」の意識は希薄ですが)

●主体(誰が)
「JFA」には、判断&チェックの主体として、確かに不安を感じます..
(どこかで「メンバー発表まで協会が把握してないのはリスク管理不足」
 と書いておられましたが、全く同感です)
しかし、それ以上に「日本サッカーファン」は、判断主体としては更に頼りなさを感じます。
理由は、一貫した「判断基準」や「美学」の共有が無いと思うためです。

・ブラジルやイタリアには「これぞ我らのサッカー」観が共有されてますし、
 ('94年に、優勝してもスタイルで監督批判されるブラジルには、正直驚きました)
 また、隣国の韓国でも、「圧倒的な運動量&相手が嫌がるしつこさ」が
 監督は変わっても 一貫したチームのアイデンティティーになっている気がして、
 正直うらやましいです...

・この点、日本はまだ代表監督ごとにまるで別のチームのように思います。
 ~「オフト・加茂・トルシエ・ジーコジャパン」と、全て監督名で表されてますし
 結局「一貫した共通認識、一言で表せる"日本サッカーらしさ"」は、
 まだ存在しない気がします

私は、監視・チェック機能は、上記のような
「評価主体とされる側の間で、共通の認識・納得できる判断基準」があって、
初めてプラスに機能すると思います。

この点からみて、ネット上の意見(世論?)を見ても、むしろ日本の現状は
「最終結果が全て(結果出せばOK、出さなければブーイング)」
が大勢のように感じています。
ですので...
この状況下では、監視やチェック強化といっても、強化プロセスの発展には寄与せずに、
むしろ基準なき結果が全ての方向に傾斜してしまい、
萎縮や目先のみ考えた行動といったデメリットが顕在化してしまうという、
更に日本サッカーの方向性を失いかねない事態の懸念を抱きます。

かといって「今後どうしたらいいか」はよく分からないため悩みますが...
これには、即効薬は無い気がしています。
そうすると、一発逆転の近道は探さずに、結局 個々の国民が意識を変えていく、
議論しつつ意識を構築し共有していく事から始めるしか、無いような気がします。
(この辺の蓄積有無が、所謂「サッカー大国」との差なのかも、と感じてきた次第です...)

Posted by vabo : 2006年06月20日 01:27

>Vaboさん

>私は、監視・チェック機能は、上記のような
>「評価主体とされる側の間で、共通の認識・納得できる
>判断基準」があって、初めてプラスに機能すると
>思います。・・・
>この状況下では、監視やチェック強化といっても、
>強化プロセスの発展には寄与せずに、
>むしろ基準なき結果が全ての方向に傾斜してしまい、

萎縮や目先のみ考えた行動といったデメリットが
>顕在化してしまう

私が次に書こうと思ったことを先取りされてしまいました^^
そう、私も、余りにも結果重視の「後知恵的」な評価がなされることは大問題だと思いますし、会社法の世界では、まさにそれが無用な萎縮効果をもたらすために経営判断原則が発達してきたという歴史があります。
この辺りと代表監督の選考との関係に絡めて、また書いてみたいと思っていましたが、さすがVaboさん鋭いですね^^

とにかく、あと数時間でジーコJAPANの総決算ですから、私も細かいことは忘れて応援します^^

Posted by 47th : 2006年06月22日 09:00

見ての通り残念な結果でしたね。朝のテレビの放送を見ると、残念だけどよく頑張ったという論調が多いようですが、47thさんと同様ぼく自身はもう少し厳しい感想です。手のひらを返したような誹謗中傷は必要ありませんが、今回の敗因を客観的に分析して厳しい言葉もかけることも必要かなと思っています。まあ、ワールドカップは終わった訳ではなく、これからの決勝Tでは好カードも多いので、じっくり見たいですね。

Posted by taka-mojito : 2006年06月22日 19:50

> この辺りと代表監督の選考との関係に絡めて、
> また書いてみたいと思っていましたが、
> さすがVaboさん鋭いですね^^
あ、いや..過度な評価のお言葉、身に余ります..

むしろ自分としては、
「47thさんの次の展開をつぶす、流れの読めない行為」
(加地の突破する右スペースに走る小笠原のような ← 偏見多めzz)
をしちゃったのでは、と、非常に気になってます...

(サッカー絡みで調子に乗り、コポガバも良く知らないで辞書で調べ書いた有り様で
 上記の分かり易いコメントを拝見して
 「そっか、これが会社法でのコポガバの位置付けか。」
 なんて、初めて知り感心してる次第ですので...)

⇒『ぜひ改めて、もっと自論をご披露下さい』
(色々とお忙しく、優先度もあるかと思いますが...一通り落ち着いた際にでも)
何卒ご検討の程よろしくお願い致します(汗) m(_ _)m

Posted by vabo : 2006年06月23日 07:58

日本代表(というより日本サッカー協会?)とコポガバ論の続き楽しみにしております(あと、以前ちょっと触れられてた規制薬物ねたの続きも)。

日本代表は独占企業でもあるんですよねー。(って独占の定義を知らずに使ってすみません。。)
こんな数字を見ると、ワールドカップ予選敗退も協会の方はあまり気にされてないのかな?と邪推してしまいます。。
http://www.jfa.or.jp/jfa/marketing/management/

Posted by DE : 2006年06月23日 12:11

>taka-mojitoさん
お隣さんは勝ち点4を獲得しつつ、結果としては予選リーグを突破できなかったわけですが、これをどう評価するのかの対比も知りたい気がします。
>vaboさん
いえいえ、こんなネタにワンツーで返していただいて、いつも感謝しております^^
今後とも宜しくお願いいたします。
>DEさん
なるほど、営業的には右肩上がりで伸びているので、協会としては代表の成績に神経質になるインセンティブが乏しいというところはあるのかも知れませんね。

Posted by 47th : 2006年06月23日 22:19

おほめの言葉頂いて、ほっとしました。 -> 47thさん
まあ、明らかに「華麗なワンツー」と言える代物じゃなく、
ミスパスがたまたま繋がった(結果オーライ?)の部類と思ってます..^^;

ただ・・・
JFAの川淵キャプテンが、早速やっちゃったらしいですね。
(あまりにすぐネタが出て来たため、47thさんはこれを予知していたのか?、と思いました)

●W杯帰国会見要旨
(全3P。会見の流れを全て網羅してました)
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/kaiken/200606/at00009645.html
...田嶋委員長曰く「史上最大の失言」だそうで、ワキの甘さは否めない用に感じました..
⇒もし、宜しければ、47thさんのご感想をお聞かせ下さい。
(W杯観戦等、お忙しい最中と思いますので、差し支えなければで...)

Posted by vabo : 2006年06月25日 06:02

 
法律・経済・時事ネタに関する「思いつき」を書き留めたものです。
このブログをご覧になる際の注意点や管理人の氏素性についてはAbout This Blogご覧下さい。