« 医療法人の株式会社化雑考 (1) | メイン | 医療法人の株式会社化雑考 (2) »

日本が遠い国に見える瞬間

中小企業「再チャレンジ融資」 安倍氏、全銀協に(asahi.com)

安倍官房長官は、自らが掲げる「再チャレンジ支援策」を資金面で支えようと、民間金融機関に協力を要請する。事業の失敗から再起を目指す中小・零細企業 を後押しするため、担保によらない融資の拡充などが柱となる。不良債権処理を最優先してきた小泉政権の方針を修正するものだ。
安倍氏が全国銀行協会会長の畔柳信雄会長(三菱東京UFJ銀行頭取)に近く協力を求める。要請はプロジェクトの予想収益やアイデアをもとにした融資の拡充などが柱となる見込みで、内閣官房幹部は「銀行業界は融資拡大のチャンスと見て応じるはずだ」という。
民間銀行に協力を求めるのは、中小企業融資を担ってきた政府系金融機関が、小泉首相の「小さな政府」路線で縮小に向かっているからだ。

 「要請」だけで、民間企業の経営に介入できるなら・・・でも、できるかも知れないのが、日本というところも悲しいところですが・・・


Posted by 47th : | 20:41 | 時事

関連エントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://WWW.ny47th.COM/mt/mt-tb.cgi/509

コメント

普通にできそうですよね笑
零細企業としちゃ他人事じゃないですが

Posted by oxistudio : 2006年08月18日 21:42

こんにちは。

介入できることでしょう。求められた通りに協力し、お上の言いなりに動いて、

安倍「確かに協力を要請はしたが、強制したつもりはない。あくまで業界の自主的な判断によるものであり、尊重したい」
銀行業界「協力の要請があったのは確かだが、しかるべき経営判断によるものであって、政府要請と直接の関係はない」

と、同時に、釈明するんでしょう。

こういう風に、何の糸もなしに関係者の動きをシンクロさせるのは、日本人の得意技ですね。諸外国が最も不透明さというか癒着を感じるところのひとつだと思います。

あるいは、「まもなく首相になる私に一番のプレゼントを贈ることができるのは誰じゃ」という、好例の男版かぐや姫ごっこがはじまったのかもしれませんね。

Posted by bun : 2006年08月19日 08:03

>oxistudioさん
元記事の中でも触れられていましたが、元々は不良債権の引き当基準と、それを経営の健全性判定の中心的指標に据えたことが、リスクの高い中小企業金融への供給を細らせた原因なわけで、まずそうした基礎的な政策への評価と必要であれば見直しを考えるべきはずなんですが・・・
振り回されるのは、経営者の方ですよね。
>bunさん
男版かぐや姫というのは、これまた絶妙な^^
個人的には、民営化した郵貯がどうするのかにも注目したいところです。

Posted by 47th : 2006年08月19日 19:57

余裕が出てきたでしょ、みんな。
だからね、金融検査マニュアルもさらに書き換えてあげるから、少しがんばってくれるよね・・・って感じなんでしょうか。
その先は、メガバンクに矢が向くのか地銀に矢が向くのか・・・・もう少しいい方向からNYで47thさんにお話したような流れが出てきてくれればいいんでしょうけど。
う~ん、地銀クラスは方向誤ると結構大変だと思うけどなあ・・・・地方の再生はこれからだから(^^;)

Posted by ろじゃあ : 2006年08月21日 09:07

>ろじゃあさん

>余裕が出てきたんでしょ。みんな。

そうなのかも知れませんね。
で、結局、何故中小企業に銀行金融が上手く回らなかったのか、とか、商工ローンが中心的な担い手になっちゃったのか、とかいう、「原因」の部分へのつっこみが足りないままに、「商工ローンをつぶしてしまえ」とか「銀行がもっと貸せ」とかいう議論になっていく・・・で、お上に逆らえない地銀は苦しくなっていく・・・という循環になるんですかね・・・
何というか「戦略の不在」を感じてしまうわけです。

Posted by 47th : 2006年08月21日 13:07

>民営化した郵貯がどうするのかにも注目したいところ

こんにちは。また変な話を書くようですが、たとえ話。

とあるところに、私立高校の校長がおりまして、その校長には目に入れても痛くないと言う、かわいいかわいい高校生の孫がおりました。

ある日その子が奇遇にも自分が校長をしている学校に転校してくることになりまして、校長、一発奮起するわけです。よし、おじいちゃんの力のあるところを見せてやろう、孫のために一肌脱いでやろう、と。それで校長は孫が転校してくる前に、孫がかかわりそうな教室、組織等、環境を徹底的に整えることにしちゃいます。

するとなんと編入させる予定のクラスに、孫にプレッシャーをかけそうな、札付きの悪がいるというではありませんか。なんだと、よし、孫が転校してくる前に校長の権限で持ち物の「再検査」を徹底的にしてこの悪どもをいじめて弱らせておこう。

とまあ、私にはこんな状況に見えますよ。郵貯=転校生、校長=金融庁等、札付きの悪=・・・「再検査」=・・・

お察しの通り、こういう転校生はどう面倒みたってそうそううまくは育たないと思ってまして(笑)、そんな転校生の教育費を負担させられそうになったら黙ってないわと手ぐすね引いている次第(笑)。

Posted by bun : 2006年08月23日 21:32

どうもです。日本にいても、金融に関して日本は遠い国に見えます。「銀行業界は融資拡大のチャンスと見て応じるはずだ」という発言が官房幹部から出るようでは…。トホホです。

Posted by 本石町日記 : 2006年08月25日 08:47

>本石町日記さん

遠く日本を離れたマクロ音痴の弁護士ですら感じるんですから、日々現場で接している方は、ため息の数ももっと多くなりそうですね・・・
何だかマクロの方でもため息だらけの事態になっているみたいですし・・・はぁ。

Posted by 47th : 2006年08月25日 11:57

 
法律・経済・時事ネタに関する「思いつき」を書き留めたものです。
このブログをご覧になる際の注意点や管理人の氏素性についてはAbout This Blogご覧下さい。