« ブログ論壇考(1):ブログの力 | メイン | ブログ論壇考(3):書き手のコスト~コストの中身(前編) »

ブログ論壇考(2):書き手のコスト~「時間」

ものごとを考えるときにはいろいろなアプローチの仕方がありますが、私の場合は、やはりインセンティブとか、人間が直面しているジレンマを分析するところからアプローチすることで、問題が見えてくることが多いような気がしています。

そこで、まずは、ブログを使って自分の考えを発信しようとするときに、人は何を費やしているのか、そのコストを考えてみましょう。

コストというと、すぐに思い浮かぶのは金銭的なものですが、ブログの場合は金銭的なコストはほとんどかかりません。
代わりに、ブログを使って自分の考えを発信しようとするときには、一定の「時間」がかかります。
これも当たり前のようですが、もう少しだけ「時間」がコストということの意味を考えてみましょう。

「時間」でコストを測ろうとすると、つい時間の「長さ」で考えてしまいそうになりますが、同じ「時間の長さ」でも、その人にとっての価値というのは異なります。

例えば、レポート提出を明日に控えた1時間と、夏休みのまっただ中、友達との約束もない中の1時間が違う価値を持つことはすぐに分かるのではないでしょうか?
これは、その1時間の価値が「他の使い道」で測られているからと考えることができます。
「この1時間があれば、レポートが1頁進む」という1時間と、「他にすることもないしなぁ。暇だなぁ」という1時間では、その時間を使ってできることが違っているから、価値も変わってくる・・・こうした考え方に基づいたコストの考え方を経済学では「機会費用」といいます。

忙しくなったから、ブログをやるのが難しくなる・・・これは、ブログを書くのに必要な絶対的な時間の長さは同じであっても、その時間を使って他にやるべきことができたので、「機会費用」という意味でのコストが大きくなった・・・

・・・と、こんな当たり前のことを説明するためだけに、いちいち「コスト」ということを考える必要はありません。

コストという観点から、「時間」を見たときに、もう一つ重要な性質を考えておきましょう。

書き手が使う時間が例えば、友達にコーヒーを買いにいくのを頼まれたとき、ちょうど自分もコーヒーを買いにいきたいと思っていれば、そんなに億劫ではありません。
「どうせやろうと思っていたこと」であれば、それほど負担にはなりません。

つまり、ブログで用いる時間が、「どうせブログを書かなくてもやろうと思っていたこと」に使う時間であれば、忙しくなったからといって、すぐにブログを書くのが負担になるわけではありません。

例えば、「ニュースを聞いてその意味を考える」という作業は、ブログを書くかどうかに直接かかわらず、日常の中でやっていることです。ましてや、そのニュースが仕事に関連するものであれば、仕事の上でも「考える」ことは仕事の一部として必要になります。

他方で、物理的にブログを「書く」という作業は、ブログをやらない限りは仕事上必要にならないので、コストという観点からは「考える」作業よりも追加的なコストが必要になります。

こうしてみると、ブログを書くという作業の中にある異なる要素には、コストという面から見たときに違う意味がありそうです。

というわけで、次回はブログを書くという作業に必要なコストを、もう少し細かくみてみたいと思います。


Posted by 47th : | 00:07 | ブログ論壇考

関連エントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://WWW.ny47th.COM/mt/mt-tb.cgi/574

コメント

お、更新されましたね。早く続きが読みたいですねー。興味がある、あるいは少し知識があることについてブログで書く場合にも、ぼくの場合かなりエネルギーを費やします。簡単に書けそうでも、いざ書いてみると四苦八苦します。その過程自体が勉強ですし、それが楽しい部分でもあるのですが、自分として言いたい事を言うために、時間がかかってしまっている間に世の中はどんどん動いて行き、関連ブログもどんどん更新されていくんですよね。ブログを書き始めると、気づいたら明日もあるのにもう明け方なんてことも・・・。でも、47thさんは毎回長ーいエントリーをさくさく書いている印象です。内容ももちろんですが、そのあたりのスピード感というのも、すごいなーと思う一つの要因です。

Posted by taka-mojito : 2006年11月17日 02:48

>taka-mojitoさん
単に、暇だっただけです(きっぱり)。
taka-mojitoさんならよくご存じのとおり、一つのネタを延々と思いつきで引っ張り展開することは私の芸なんで、要するに普段飲みながら話していることを、そのまま口述しているだけという見方もあります。
・・・ということは、誰か飲んでいる私の傍で速記してくれている人がいれば、ブログは続けられる??
それは冗談にせよ、ブログを書くことの目的とか、何を期待するかという辺りの絡みもあると思いますんで、その辺りを整理するヒントになるようなエントリーになればなぁ、と思います。

Posted by 47th : 2006年11月17日 13:17

 
法律・経済・時事ネタに関する「思いつき」を書き留めたものです。
このブログをご覧になる際の注意点や管理人の氏素性についてはAbout This Blogご覧下さい。