Lawyering の全エントリー

レッドソックスの「ルール違反」?

西部の松坂選手の大リーグ移籍話が盛り上がっているのは、もちろん知っていましたが、私的には、①阪神ファンとして井川の去就の方が気になる、②去年だったらNYで見ることができたが、来年は自分がNYにいないのでアウト、ということで、余り熱心には追ってなかったんですが、西部がポスティング応諾の決断を延ばしている背景に「ルール違反の可能性」があるというニュースを見かけたので、ちょっとぐぐってみたところ、中日スポーツで次のような記事を見つけました。

レッドソックスが松坂に“不正入札”をした疑惑が浮上した。ポスティングシステム(入札制度)でメジャー移籍を目指す西武・松坂大輔投手(26)は、13 日に西武球団が取締役会で最高入札額を受諾する見込み。その後に大リーグ機構から落札した球団名が伝えられて入団交渉がスタートするが、ここにきてレッド ソックスが、ヤンキースへの入団を妨害することだけを目的に破格な金額を応札した疑惑が浮上。その場合は、2番目に入札額が高い球団に独占交渉権が移る可 能性も出てきた。

オークションの設計はゲーム理論絡みで面白い話がたくさんあるんですが、この辺りは、それこそ最先端の経済学でホットな分野なんで、うかつに手を出して火傷してもいけないので(というか、そもそも書き出すと長くなりそうなんで疲れそう) 、ここは法律家らしい話として、次の部分に着目(下線は引用者付加)。

米4大ネットワークのFOX傘下にあるFOXスポーツ(電子版)は11日、「レッドソックスのオーナーは多くの資金を持っているが、チームの最終目的はヤ ンキースを妨害することだ」と報道。そして「ソックスが松坂との契約に誠実な努力をしなければ、コミッショナー事務局は(松坂と入団交渉する)権利を2番 目の入札額の球団にするだろう」と伝えた。

要は、「本気で交渉する気がなく他球団を妨害するために入札しただけなら、交渉権を失うよ」と言っているわけです。

この話は、実はM&Aのビッドでもある話で、企業買収で複数の買い手が一つの企業(事業)をめぐって競合しているときに、買い手は、まず「優先交渉権」の獲得を目指して、最初の条件提示を行います。
この「優先交渉権」を与える段階での手順とか条件の付け方も色々と面白い話がテンコ盛りなんですが、その際に気をつけなくてはいけないポイントとして「本気で買うつもりはないのに、いい条件(高い価格)を提示してくる買い手にどう対処するのか」という問題があります。

もちろん、「本気で買うつもり」があるのかどうかは、「優先交渉権」を与える段階では分かりません。

そこで、出てくる対処法の一つが、優先交渉権を与える契約の中で「誠実交渉義務」を課して、もし「誠実」に交渉しなかった場合には、交渉を打ち切る権利を他方当事者に与える方法ですが、実際には、この「誠実さ」の認定というのは非常に困難だというのは、すぐに分かるのではないでしょうか?

なので、実際のM&Aの現場では、こんな巷の契約書雛形にも出ていそうな「誠実交渉義務」に頼り切ることなどせずに、そこに至までのプロセスや優先交渉権の付与契約で、色々とケース・バイ・ケースの対応をやったりします。
多分、この辺りは、経済学的に分析するとシグナリングの使い方をはじめ、色々と面白いことが出てくると思いますし、弁護士の側としても経済学の分析枠組みを知った上で、自分のやっていることを見つめ直すと新たな発見や工夫の余地が見つかる分野だと思いますし、気が向いたら、またこのポスティング制度でも例にとって考えてみたいと思いますが、今日のところは、ここでいう「誠実さ」のとらえ方の違いという当たり障りのない話でお茶を濁しておきましょう。


< 続きを読む >

Posted by 47th : | 13:42 | トラックバック (4) | 関連エントリー (0) | Lawyering

弁護士とコミュニケーション・スキル

今日のニューヨークはじとじとした雨ということで、一日家にこもって宿題?をこつこつと片付けています。

専門的な論点を扱う論文というのは事前準備は大変ですが、ある程度資料が集まって方向性が決まれば議論のフォーマットはパターンがあるので、骨組みはそんなに悩まずに書いていけるのですが、逆に今書いているようなファイナンス理論が会社法実務とどう関連してくるかの「さわり」を紹介するようなタイプの原稿というのは、パターンが無数に考えられるので、その選択が結構疲れたりするわけです。

まして、思いついたことを口語体でどんどん書いて、必要があればリンク先参照、読者に分かりにくいところがあればコメントでやりとりという技が使えるブログに慣れてしまうと、何だか普段はエレベーターで上っているところを、えっちらおっちら階段で上がっているような気分になってきたりもします。

そんな愚痴を言っていてもしょうがないんで、引越の荷出しが終わる前に溜まっている原稿を片付けている最中なんですが、鹿児島時代からの友人のtakaさんが、気になるシリーズを連載しています。

元々「良い医者探し」論ということで始まったのですが、ご友人のK医師が提起された、そもそも「いい医者」とは何か?とか、患者との関係のつくりかたといったことは弁護士の世界にも思い当たる節がたくさんあります。

専門分野に関する法律知識の豊富さは、「いい弁護士」の必要条件ですが十分条件ではない・・・これは実務に入って以来常々私自身感じてきたところで、本当に重要なスキルは「依頼者が何を求めているのか?」あるいは「依頼者にとって最善の利益(best interest)とは何か?」ということを見つけ出すところにあるような気がしています。

重要なのは依頼者自身が自分が何を求めているのか明確に意識していないことは往々にしてあり得るということです。
「合併をしたいので、合併契約書をドラフトして下さい」-こんな単純で一見明白な依頼ですら、依頼者が達成したいのは何で、どういうリスクを懸念しているのか、当事者の置かれている状況の特殊性はどんなものか・・・そうしたことを探っていくと、本当に必要なのは合併の前段階でのリスク遮断のアレンジであったり、そもそもスキームの変更であったりすることもあり得ます。

ただ、こうした形で弁護士がスキルを発揮する上では、依頼者との信頼関係の構築も重要です。
例えば、取引の最終段階になって相談に来られても、その段階で前提となっているスキームよりも目的に適ったスキームがあったとしても、最早そちらに変えることは事実上手遅れという場合もあり得ます。
また、依頼者との間に信頼関係がなければ、言われたことを端的にやらずに、あれやこれやと関係あるんだかないんだか分からないことまで口を挟んでくる弁護士は「五月蠅い」だけで終わってしまうかも知れません。

こういう部分は、単に真面目に勉強すれば身に付くものでもないだけに厄介なところがありますが、実務家としてやっていくためには避けて通ることのできないところです。

takaさんの記事を読んで、そういうことを改めて思い出すと共に、この2年ですっかりその辺りの勘が鈍ってしまっているのではないかと、またも浦島太郎の恐怖に襲われたりもする今日この頃です。


Posted by 47th : | 18:56 | コメント (3) | トラックバック (0) | 関連エントリー (0) | Lawyering

 
法律・経済・時事ネタに関する「思いつき」を書き留めたものです。
このブログをご覧になる際の注意点や管理人の氏素性についてはAbout This Blogご覧下さい。