« 会社法トリビア:アメリカでは20%以上の公募増資に株主の承認が・・・ | メイン | 「黄金株」原則禁止? »

Corporationの宿題

今学期とっている、CoatesのCorporationでは、期末の試験(In Class & Tak Home)以外に、Homeworkがあるのですが、これが元Wachtell(アメリカでトップのM&Aファーム)のパートナーらしい宿題で、指定された上場会社に対するTake Overの準備のための対象会社の支配権に関して分析したメモをつくるというもの。
私の割当ては、AOLやケーブルテレビで有名なTime Warner Inc.
株主構成やインサイダーの持株比率、取締役の選解任方法や少数株主の総会招集権の有無等を、ベースとなる会社法と比較した上で、最終的にこの会社の支配権をとるために、どのぐらいの期間が必要になるかを簡単にまとめなきゃいけないのですが、一つ注意書きが・・・

1頁を超えた部分は一切考慮対象にしない。

つまり、この盛りだくさんな内容を、きっちり1頁に収めないといけないわけで・・・そうすると、どうなるかというと、どこにもFontもSpaceも、marginの指定もないのをいいことにこんな感じになります。
上下左右のmarginを削り、フォントは9pt Times Roman、行間は最小・・・ほとんど嫌がらせ以外の何者でもないんですが、結構、周りの日本人に話を聞いても、みんな同じような感じです。
・・・せめて、2頁にしてくれれば、もうちょっとは見やすくなるんですが・・・
ただ、宿題そのものとしては結構面白く、知識としては分かっていたはずのことでも、開示資料を追ってCharter, Bylaws, Certificate,Proxy,10K, 10Q,8K,F4...を丹念に読むのは、いろいろと新鮮でした^^
ちなみに、Time Warnerは、Staggered BoardもPoison Pillも、Golden Parachuteもなし。というわけで、かなり潔いわけですが、といっても、ちゃんとblank check preferredはあるので、morning after pillを入れるのに障害はありませんし、デラウェア州一般事業会社法203条の事業結合制限法の適用もあるので、全くの丸腰ということでもありません。
ただ、株主に対する開示は非常に充実していて、個人的には好感を持つことができました。


Posted by 47th : | 09:25 | Law School

関連エントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://WWW.ny47th.COM/mt/mt-tb.cgi/178

コメント

PDFが読めないのですが・・・
 「ファイルが壊れています」と表示されてしまいます。

 私のPCだけでしょうか?

Posted by Taejun : 2005年11月18日 22:07

Delaware "company"と"corporation"は似て法的には完全に非なる用語でしょうから、いつも契約書の頭書ででなさるように、法的な文脈でentityを特定するときはきちんとcorporationとお書きになるとよいのではないでしょうか。

Posted by JCC-V : 2005年11月18日 22:55

>Taejunさん
圧縮率の高い形式を選択したからかも知れません。互換性の高いこちらをお試し下さい・・・所詮1頁ものの宿題なので、そんなに大したものでもありませんが^^;
>JCC-Vさん
そうですね。判決などでも、companyという用語はよく使っていますが(「カンパニー」の方が「コーポレーション」よりも語呂がいいから?)、冒頭を締める意味ではDelaware Corporationといった方がよかったかも知れませんね。
これが、評価に響かないことを祈ります・・・というよりも、JCC-Vさんが、John Coates先生本人でないことを祈ります(・・・Coatesが日本語できたら、凄いなぁ・・・)

Posted by 47th : 2005年11月18日 23:52

見れました。 ありがとうございます。

Posted by Taejun : 2005年11月20日 20:05

 
法律・経済・時事ネタに関する「思いつき」を書き留めたものです。
このブログをご覧になる際の注意点や管理人の氏素性についてはAbout This Blogご覧下さい。