« 嗚呼、りぷとんよ・・・(紅茶ではありません) | メイン | 気分転換 »

たまには音楽で癒されてみる

何か、先週から今週にかけて、かなりお疲れです。

M&Aの最終宿題の提出とゼミの担当が重なったのに加えて、Law & Developmentも興味のある部分について、結構な量のアサインがあったからではないかと思います。

まあ、何とか一段落・・・でも、なくて来週木曜日はM&AのExam・・・とりあえず週末に過去問を解いて復習しなきゃね。
知っていることが多いと思って油断していると、こういうときが危ないし、バリュエーションの計算問題も出るんで、一応、練習問題もどっかで手に入れて解いておかないと不安だし・・・ふぅ

と、こんな時こそ音楽を聴きたくなるものです。

 ・・・というわけで、NYUの図書館の椅子にもたれて聴いているのが、平原綾香さんの「誓い」。

日本ではトリノ・オリンピックのテーマソングだったということなので、聴いたことのある方も多いんではないかと思います。

私が平原さんの曲をブログでとりあげるなんて意外と思われる方もいらっしゃるかと思います。

っていうか、私も意外なんですが、しょうがないんです。

なぜなら、この曲は、ほとんど2年ぶりの小林建樹の新曲だからです。

多分、小林建樹を知っている人は、すごく少ないと思うんですが、私にとっては、日本人男性ボーカルでは、文句なしに一番で、多分、ここ数年でFrancis Dunneryと並んで、最も好んで聴いているアーティストです。

2003年12月に、密かな名盤Shadowをリリースしてから、なかなか新譜が出ずに飢えていたんですが、ひょんなことから平原綾香さんの「誓い」を作詞・作曲していることを知り、早速入手して、ひたすらリピートで聴いているというわけです。

期待に違わぬシンプルかつ繊細なメロディで、歌詞もトリノにあざといぐらいに(笑)、はまっていて(でも嫌みがないのがさすがは小林建樹!)、何だかホントに疲れ切った心と体が癒してくれます・・・

しかし、人間とは、いやロイヤーとは?、欲の深い生き物で・・・

メロディのシンプルさを邪魔してしまう、このオーバープロダクションは何とかならなかったんだろうか・・・アコースティック・バージョンとかピアノ・バージョンをカップリングで入れてくれればよかったのに・・・とか、あまつさえ、平原さんの声もいいが、やはりこの癖のあるブリッジや緩急のコントラストは、小林建樹本人のバージョンが聴いてみたいとか、そういう罰当たりなことも考えてみたりします。

ただ、それを差し引いても、ホントに癒されるいい曲です、ELTの「きみのて」と並んで、しばらくは私の癒しソングになることは間違いありません。

というわけで、だらだらと何が言いたかったのかをまとめてみると、

  • トリノ・オリンピックのテーマソング?だった平原綾香さんの「誓い」はロースクールの予習で疲れ切った心と体を癒してくれる大変にいい曲である
  • そのいい曲を書いたのは、小林建樹という、私が勝手に認定する日本最高のソングライターである。
  • 最新アルバム「SHADOW」のタイトル曲SHADOWは、イントロのピアノだけで鳥肌が立つ名曲である。
  • スマッシュ・ヒットとなった「祈り」も泣きそうになるぐらいの名曲である。
  • というわけで、興味を持った人は、ベスト盤のBLUE NOTEからどうぞ、と。




Posted by 47th : | 16:56 | Music

関連エントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://WWW.ny47th.COM/mt/mt-tb.cgi/287

コメント

意外ですね笑。
こういう曲を聴いてビビッと感じるものがあるわけですね~。僕も聴いてみようかな(でもちょっと高そう)。

Posted by NYlawyer : 2006年03月03日 17:37

はじめまして、
時々お邪魔して勉強させていただいております。普段はROMなのですが、懐かしい名前(失礼!)を見て嬉しくなったのでコメントさせてください。

私には小林建樹はtef tefのプロデューサーとしての印象が強いのですが、という知っている人が更に少なそうな話題から始めて申し訳ないのですが、彼自身の歌もTVKの音楽番組などで重点的にプッシュされているのを聴いて「いいなぁ」と思っていました。「祈り」は確か海底でピアノを弾くPVではありませんでしたか。私は「SPooN」のような曲の方が好きです。
ブレイクし切れなかったのはスガシカオとキャラが重なってしまったからでしょうか。しかし、これだけのソングライティングの才能があれば充分以上に差別化ができたでしょうにと不思議に思います。楽曲提供で活躍されていることを知り嬉しく思いました。

NYUの図書館はBlue Noteの行き帰りに前を通るたび「卒業までに一度は行っておかねば」と思うのですが、必要に迫られないためなかなか敷居が高いです…。

Posted by mitsu : 2006年03月04日 09:45

>NY Lawyerさん
是非。予習で疲れた心に効きますよぉ^^
>mitsuさん
はじめまして。
SpooNもいいですね。満月とか歳ヲトルコトのような独特のポップセンスが、心地いいんですよね。
メジャーになって欲しいとかは思わないんですが、こういう才能のある人が音楽活動を続けていくことのできる場所があって欲しいですよね。

Posted by 47th : 2006年03月04日 14:58

 
法律・経済・時事ネタに関する「思いつき」を書き留めたものです。
このブログをご覧になる際の注意点や管理人の氏素性についてはAbout This Blogご覧下さい。