« 見せ金・・・というか見せ罪? | メイン | Upham教授の"Law & Development"を振り返る (1) »

阪急・阪神の統合の行方?

阪急、阪神株取得を確認 村上氏側と交渉へ (asahi.com)

阪急ホールディングス(旧阪急電鉄)は24日、臨時取締役会を開き、村上世彰氏率いる投資ファンド(村上ファンド)が持つ阪神電気鉄道株(発行済み 株式の約46%)を取得する方針を確認した。株式公開買い付け(TOB)を想定しており、阪神との経営統合を打ち出したことになる。阪神電鉄も25日に臨 時取締役会を開き、賛同を確認する予定。実現すれば大手私鉄同士では戦後初の再編となる。ただ、村上ファンド側は売却するかどうかについてコメントしてい ない。
 阪急は臨時取締役会の内容を明らかにしていないが、阪神株の買い取り価格や投資総額の上限を議論した模様だ。今後も必要に応じて随時、取締役会を開くと 見られる。村上ファンド側と価格面で折り合えば、TOBを実施して取得する。TOBは、対象企業の発行済み株式の3分の1超を取得する場合に義務づけられ ている。

球団名はどうなるんだとか、そういう話もあるんですが、そもそも独占禁止法的にも興味深い事例です。

私は関西の土地勘がないので、よく分からないんですが、関西出身の友人によると結構競合している路線が多いという話も聞きますので、市場の画定とか競争減殺の危険とか正当化事由といった辺りで、公正取引委員会の企業結合規制に対するスタンスを見る上で一つの試金石となるのかも知れません。

また、仮に村上ファンドと買付価格について合意が成立した場合に、公開買付けによる買付を行う場合に買付価格もさることながら、最低買付数・上限買付数をどうするかといった辺りも注目ではないかと思いますが、とりあえずメモだけということで。

 


Posted by 47th : | 14:08 | Competition Law

関連エントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://WWW.ny47th.COM/mt/mt-tb.cgi/366

このリストは、次のエントリーを参照しています: 阪急・阪神の統合の行方?:

» 梅田の街の串カツ屋さんは大丈夫なのだろうか・・・阪神阪急大連合 from 法務の国のろじゃあ
今日、別件で買って来たアエラは結構読みでがあってよろしいおますな。 特に、阪神電 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年04月25日 05:56

コメント

メインの路線がもろに競合しているので当初おやっと思ったんですが、電鉄に関していうと阪急と阪神との両方を使える顧客層はさほど多くないうえ、いたとしてもJR西日本をも利用できる場合が多いので、あまり問題はなかろうという気もします。東京では説明しがたい路線関係なんですが、敢えてNYでいうと南北に3路線が存在し、阪急が3rd Avenue、JRが6th Avenue、阪神が9th Avenueを走っている(でも、神戸と大阪という主要駅ではいずれの会社の駅も徒歩5分内なので一部の顧客は3路線全て利用可能)という感じでしょうか。

Posted by neon98 : 2006年04月24日 13:53

なるほど、JRが間に入っているんですね。
東京だと(都営線を除いて)JR、地下鉄も含めて結構きれいに棲み分けているような印象があるんですが(それとも住んでいるから慣れているだけ?)、関西は同じ方向に行くのに、いくつも選択肢があったので、却って悩んだ記憶があって、どういう棲み分けになってるんだろうと気になったんですが・・・でも、3路線も並行して走っていてビジネスが成り立っているというのは、それはそれでよく考えると凄いですね。

Posted by 47th : 2006年04月24日 14:44

阪急、JR、阪神はどれも大阪梅田と神戸三宮を東西に結ぶ路線なのですが、阪急が一番北側(山側)、JRが真ん中、阪神が一番南側(海側)を走ってます。
そして阪神間では山側が山の手、海側が下町となっていて、阪急は山の手、阪神は下町の客を乗せることで棲み分けが出来ています。その間を走るJRは両方の客を乗せるため、阪急、阪神双方と競合します。
梅田から三宮まで(あるいはその逆)を乗り通す客については、阪神が阪急やJRよりも遅いので、多くは阪急かJRを利用します。
そのため、阪急vsJR、阪神vsJRという競合関係はあるのですが、阪急vs阪神という競合関係はあまりないのです。

Posted by Baatarism : 2006年04月24日 23:51

実は当方、話題沸騰の阪急神戸線住民でございます。

阪神沿線は先だっての震災で多大なダメージを受けた地域でして、阪神はそれを受けてというか逆手にとってというか、駅施設の改修+商業施設の建設・誘致を積極的に行っているんですね。それに合わせて各デベロッパーによる沿線マンションの開発なども行われ、その結果、阪神沿線の一部は「街がキレイで活気がある」という評価を受けるまでになっています。

逆に阪急神戸線沿線は、震災でも大した被害を受けなかったことや、阪急グループが北大阪の新都市「彩都」に入れ込んでいることもあってあんまり再開発などの動きが進んでおらず、相対的地位は下がってきております。かつては圧倒的に評価が高かったのですが。

ともあれ、どうも阪神はTOBに応じる姿勢らしいですが、阪神らしさを失って欲しくないですねぇ。

Posted by な : 2006年04月25日 01:52

>Baatarismさん、なさん
追加情報をありがとうございます。
うかがえばうかがうほど、消費者行動的にも興味深い現象が起きている地域のようですね。
両社の浮沈の話なども、関西経済界のダイナミズムを感じます。やはり、阪神の成績と日本経済の因果関係はあるのかも知れません。今度、回帰分析でもやってみましょうか^^

Posted by 47th : 2006年04月25日 15:18

 
法律・経済・時事ネタに関する「思いつき」を書き留めたものです。
このブログをご覧になる際の注意点や管理人の氏素性についてはAbout This Blogご覧下さい。