« 頑張れ、ネドヴェド | メイン | 制度設計論としての日銀総裁の運用規制 »

「脇の甘さ」ということで・・・

こちらでも僅かながらフジ系のニュースが見られるのですが、中田(英)のインタビューで「チームの方向性はよかった?」という質問に「方向性なんてないですから」と答えていたのが印象的でした。

その辺りが全てを物語っているような気がしますが、それでも日本人としては「勝つしかない」という開き直りを信じて土曜日を待ちたいと思います・・・ただ、クロアチアは結果こそカカーの一発にやられてしまいましたが(ロナウジーニョよりもカカーだよと信じている身としては、これはこれで嬉しい^^)、組織だった攻撃と守備は見応えがありましたね。
これだけのチームでも結果としてみれば日本と同じ位置なわけで、次戦は生き残りをかけたガチンコ勝負、ともかく気持ちだけは負けないで欲しいものです。
(ところで、ブラジル-クロアチア戦で、ピッチの真ん中をだらだらと歩いているお腹の出た黄色い9番が見えたような気がしたのは、私のきのせいですかね?まあ、ブラジルは強いんで、最初から1枚おちぐらいがハンデがあっていいというところだったんですかね?)

ところで、日本ではとても偉い人が某問題ファンドに資金を預けていたことが明らかになって、大問題となっているようですね。

敵の多い人に肩入れしていれば、当然、敵は多くなるわけで、堀江氏に肩入れした小泉政権が民主党につつかれたように、政治的なポジションにある人は、なるべくつつかれるネタを相手にやるべきではないという点では、go2cさんと同じく「脇が甘い」の一言に尽きます。

ただ、99年のファンドの立ち上げ時に村上氏の趣旨に賛同して1000万円を出資したことや、03年3月にファンドを解約しなかったこと(ちなみに、村上ファンドのようなファンドでは運用期間が決まっている可能性もあるので、そもそも契約上、当時解約権があったのかもよく分かりませんが。解約権がないのに、日銀総裁になるので、特別扱いで解約させて欲しいといったら、それはそれで問題ないというのは・・・日本の価値観だと、そうなるのかも知れませんが)のどこが「悪かった」のか、私にはよく分かりません。
機密情報を不正流用したという話があれば、そのこと自体が厳重に罰せられるべきですが、単に出資をしたというだけでは、円を掌る日銀の活動と利害相反のおそれのない運用先など、およそ考えられないのですから(定期預金こそ一番ダイレクトに利益相反が起きてしまいますし(笑))、こんなことを言い出したらbewaadさんが指摘しているように中銀総裁はタンス預金ぐらいしかできなくなります・・・というか、タンス預金ですら、その価値の目減りを防ぐためには金利上昇を抑えるインセンティブが働いてしまうという意味で利益相反の呪縛からは自由にはなれません。

様々な領域におけるガバナンスの世界で利益相反の問題というのは常に生じるわけで、そのこと自体は長らく意識されながら、未だに解決を見ることは難しい問題です。

中銀総裁は政治プレイヤーであって、理屈の問題としてどうかはともかくとして、自らのイメージの確立にもっと配慮すべきということについては全く異論がないのですが、国民がゼロ金利の間に「結果的に年20%以上で回ったファンドに、日銀総裁が投資を続けていれば不信感を持つのは当然だ」という類の議論でコンフリクト・ルールを設計することが望ましいのかについては、もうちょっと冷静に考えてみた方がいいんではないかという気がしました。

まあ、でも最近、日本というのは、結局シャーマニズムで動いているのかなという気もしているんで、「穢れ」は徹底的に清めるという原理は変わらないのかなという気もしていますし、一通りのつるしあげ(禊ぎ)がすんで、次の「穢れ」が見つかったら、こんなことがあったこも忘れられるんでしょうから、まあいいのかも知れませんが・・・

(追記)

Baatarismさんところの経由で知ったのですが、何か2月に解約したという話があるようですね。
もしそうだとすると、その辺りの対応は、イメージ悪いのは確か。
量的緩和云々というよりは、堀江氏の一件で慌ててイメージ戦略を考えたという辺りではないかと思うんですが、「脇の甘さ」は否めません。
あと、何故「信託」に入れなかったのかという話もあるようですが、信託もファンドも財産を預かって運用するという意味では全く変わらないわけで、二重に信託構造をすればOKで、一段だとだめというのは、(金融取引では倒産隔離や税金などの関係でやったりしますが)個人の財産運用としては余り意味はありませんし、資産がン億円あれば別ですが1000万円ぐらいだと信託手数料で費用倒れになっちゃうんで、ちょっと現実的ではないような気がします。
個別銘柄と為替先物(笑)を禁止すれば十分なんじゃないか、と。


Posted by 47th : | 00:29 | 雑感

関連エントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://WWW.ny47th.COM/mt/mt-tb.cgi/483

このリストは、次のエントリーを参照しています: 「脇の甘さ」ということで・・・:

» 福井日銀総裁問題はヤブヘビなのか想定内なのか from 21世紀生活研究所
 福井日銀総裁が村上ファンドに出資していた件が問題になっている。民間企業時代のことであり、出資時点で今の事態は想定できなかったのだから問題ではないという意... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年06月14日 00:48

» 日銀総裁の村上ファンドへの投資:利益相反行為の規制 from Auferstehungの日記
数日来、日銀総裁が村上ファンドへ投資していたことが批判されている。 しかし、なんだか釈然としないところがあるので少し触れてみよう。 ※今回のエントリは次... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年06月14日 15:11

» 福井日銀総裁、村上ファンドに出資 from 歌は世につれ世は歌につれ・・・みたいな。
この騒動、福井さんらしくていいじゃありませんか・・・なんて、のんきなこと言ってちゃいけませんかね(笑)。 *** ♪預けて預けて預けちゃったのよ♪... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年06月15日 07:01

» 世間をお騒がせし申し訳ない。 from プロパガンダファクトリー
福井総裁が参院の予算委員会でこのように「陳謝」したそうな。 村上ファンドへの拠出問題についてである。 ニュースにしばしば登場する慣用表現だ。 本... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年06月15日 07:55

» 村上ファンドと定期預金は同じか? from 高校教師の補講ブログ
専門家の方々と違う意見を言うのは怖かったりもするが、それをできるのがブログのいいところでもあると考えているので、思い切って言ってみる。 福井総裁擁護... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年06月16日 07:30

» クロアチア戦 from 喜八ログ
  サッカーW杯ドイツ大会。 今日(2006-06-18)は日本代表チームの予選第2戦。 憎っくき(?)クロアチア代表との対決です! 彼を知り己... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年06月18日 01:55

» [BOJ]福井総裁に関していただいたコメントについて・その3(中央銀行の信認と個人的利殖行為(1)) from bewaad institute@kasumigaseki
#これまでの関連エントリにどのようなものがあるかについては、福井総裁村上ファンド問題関連エントリindexをご覧下さい。 以下の議論は福井総裁の問題とは直... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年06月20日 19:38

コメント

>ピッチの真ん中をだらだらと歩いているお腹の出た黄色い9番
街で見かけたら愛情をこめて「おデブちゃん」と呼びかけるようにブラジル人の友人に命じておきました^^。早くも引退後の相撲界への転進を考えているらしいです。

Posted by neon98 : 2006年06月14日 14:14

日銀が幹部(総裁、副総裁、審議委員など)の資産(株式や出資金)を信託に入れるべきだと考えていた理由を考えると、日銀で得た情報を幹部が自らの資産運用に利用できないようにするためだと考えられます。
そのためには、少なくとも任期中は資産の信託を続け、幹部本人はそれにタッチできないようにするべきだということになるでしょう。
しかし今回の村上ファンドの件では、福井総裁の任期中にファンドの解約という形での運用が可能になってしまっていたわけですから、この拠出金をさらに信託して、福井総裁が任期中はタッチできないようにする意味はあったのではないでしょうか?
あと信託手数料で費用倒れになるくらいなら、そもそも就任時点で解約してしまえば良いわけですよね。福井総裁の発言を読んだ限りでは、就任時での解約が制度上不可能だったとも思えないですから。もし運用期間が決まっていたのなら、国会でそのことにも言及していると思います。

Posted by Baatarism : 2006年06月14日 22:11

(スミマセン、表題と明らかに異なる前書き部についてです)

>ピッチの真ん中をだらだらと歩いているお腹の出た黄色い9番
・・・もとFWのはしくれとしては、むしろ不気味な気がしてます。
(FWの1つのあり方として、
 「89分はチンタラ消えてるが、1分で決定的仕事をたまにする」タイプかと.
 今年4月はクラシコ[レアル-バルサ]でも独走で同点弾決めてますし...)
->(お願いだから、3戦目ではそれを出さないでね)と、ひそかに願ってます。

ちなみに、..彼は今も、「100m走は11秒1」で、レアル内で2位だそうです。
更に1位は、33歳のロベカル「10秒6」~~~恐ろしい。
((C)「EL GOLAZO/内田浩嗣」~from「"nakata.net cafe"x"R25"」コラボブック)

P.S.
カカー、ジダ、カフーの活躍と、ミラニスタにはたまらない試合でしたね。
(個人的に、後半明らかに流してたのは残念でした。
 もっとクロアチア選手たちを消耗させて欲しかった所ですが...
 他力でなく、日本代表の自力&底力を信じます)

Posted by vabo : 2006年06月15日 06:20

何よりイメージ悪いのは、1000万円以上も利益が出ている(らしい)のに「大した額ではない」とか言っちゃうあたりかと・・・庶民感覚とはかけ離れていると受け取られますよねぇ。

パレイラ監督の「彼はマークが厳しいんだ。動きは悪くない」発言並みに、あいた口がふさがらないです。

Posted by Apricot : 2006年06月15日 07:40

日韓W杯の準決勝や決勝のビデオをもう一度見てください。彼はやっぱりダラダラ歩いてますよ、しかもしんどそうに。僕は横浜スタジアムで彼を見て、「仏W杯の再現か?」と心配になったけど、結果は得点王!

ボールが来そうになったら動いて、チャンスに猛然とシュートを放つ。それで点取れればOK。パスで評価されるFWより全然イイ(w

8年前に中田がチームの中心になって以来、日本代表は心から一丸になっていない。彼は気分屋でわがままでコミュニケーション障害ですから。強いチームには精神的支柱が何人もいるもの。中田はプレーでは柱だけど、心理的な柱にはなれない。だからチーム力が安定しない。彼の負の部分がもっと論じられてもいいのでは?

その意味では、日韓W杯で秋田と中山を招集した判断は、いま考えてもすばらしい。
http://www.sankei.co.jp/databox/Wcup/html/0206/19na1001.htm
(→最後の一文に注目!)
今回は、秋田と中山に該当する選手すらいないこの有り様…

Posted by mr. : 2006年06月15日 12:50

ええと、まずは柔らかい話題の方へのお返事から。
>neon98さん
何か、かの人は、昨日は目眩がするということで、病院に行ったけど、何でもないと言われたようです。
でも、vaboさんやmr.さんが仰っているように、却って何をやるか分からない不気味さはありますね。
>vaboさん
11秒2・・・記録の正確性を疑ってしまう私は疑り深すぎなんでしょうか。
対して、10秒6・・・納得。やはり、怖いですねぇ。
でも、確かにストライカーというのは、何か違う才能が求められますからねぇ・・・とりあえず日本戦では覚醒しないことを祈ります。
>mr.さん
>パスで評価されるFWより全然イイ(w

禿同ww
秋田と中山みたいな意味での支柱の欠如は、確かにイタイですよね。
宮本も、そういうタイプじゃありませんしねぇ。

Posted by 47th : 2006年06月15日 20:53

で、堅い方の話で。
>Baatarismさん
村上Fとのつながりという意味での政治的な迂闊さを責められることは、本文に書いたように「脇の甘さ」以外の何者でもありませんし、どういう形で事態を収拾するのか(あるいはできないのか)は、ご本人の手腕の問題だろうと思うのですが、村上F云々を除いた一般論として、およそ日銀総裁の利益相反の可能性を排除するために個別指図権だけでなく、解約(流動化)までも禁ずることは、制度的に無理があるのではないでしょうか。この点はせっかくですので、別エントリーで扱わせた頂きますので、また、ご意見をお聞かせ下さい。
>Apricotさん
弾さんの空腹時に李下に立つべからずのような考え方もあるのではないかと思いますよ。

Posted by 47th : 2006年06月15日 21:04

拙ブログにコメントいただきありがとうございます。昨日の総裁の参考人答弁についてはどのように見られましたか。私は「日銀の政策決定は合議制だ」発言に腰が抜けましたが。いやまあたしかにそうなんですけど…。

Posted by 所長 : 2006年06月16日 00:46

 
法律・経済・時事ネタに関する「思いつき」を書き留めたものです。
このブログをご覧になる際の注意点や管理人の氏素性についてはAbout This Blogご覧下さい。