« 国益と競争法? | メイン | 総額250億円也 »

行くも地獄帰るも地獄

朝の日本語放送のニュースを見ていたら、耐震偽装問題で拘留中だった木村建設の篠塚被告が保釈されたという件をやっていました。

私がこっちで見ることができるぐらいなので、日本でも多くの方がご覧になっていたんじゃないかと思うんですが、見る影もないほどやせこけ、ふるえた声で話す姿を見ていると、何だか見ている方がつらい気持ちになってきました。

もちろん、耐震偽装の被害者の方々も経済的にも心理的にも深い傷を負ったわけで、篠塚被告の姿だけをとらえて同情するのは片手落ちなわけですが、私が何だか複雑な気持ちになってしまうのは、こういう組織の一員として罪を犯してしまった人(※)の逃げ場のなさです。

一緒に見ていた妻が「堀江君はいい感じでやせたのに」と言っていたのと比較したわけですが、堀江氏の場合には、会社は追われましたが個人財産はそれなりにありますし、元々個人の才覚で世の中を渡ってきたキャラクターで、一段落つけば、今回の事件をバネに再起という望みもあるわけです。また、公判に向けてのポジションとしても「悪いことはしていない」ということで固まっていて、それを主張するのに誰に対しても気兼ねもなさそうです。

対して、篠塚氏は、経歴的にも年齢的にも木村建設という会社に負うものが非常に大きそうですから、一から出直しといってもそう簡単にはいきません。会社の罪であることを認めれば、その拠って立つところの会社の存亡が危うくなるし、たとえ会社が生き残っても、会社に不利なことを言ったということになれば、復帰は難しいところ。また、会社の罪を認めたとしても、それで個人の罪が免れるわけでもありません。家族構成や個人財産などは存じ上げませんが、40代半ばの会社勤めの方の標準で考えれば、就学中の子供もいるでしょうし、住宅ローンなどもあるかも知れません。今回の件がどうかは分かりませんが、あるいは不動産絡みの話ですし、家族の安否なんてことまで考えないといけないこともあるかも知れません。
私のほんの僅かな修習時代の経験なども考えると、真実をぶちまけてしまえば、どこかあきらめにも似たすっきりしたものが出てくるものですが、篠塚被告の表情や口調にはそうしたものも感じられないわけで、未だに夜も眠れぬ迷いと苦しみに苛まれているような印象を受けました。

まさに行くも地獄、帰るも地獄、というところですが、耐震偽装のように制度的な問題や複数の組織が関与している中での個人への責任追及のあり方ということに関して、何だかもっと知恵は絞れないんだろうかという気がしたわけです。

こうして個人を追い込んだ先にあるのは、結局、個人が組織の罪を全て被って世間的な勧善懲悪感情が満たされた後で旬が過ぎたら忘れられ、真実は藪の中、か、つるし上げられた個人が自らの命を絶って終わり、それへの後味の悪さをごまかすために世間はその話題に触れなくなり、そして真実は藪の中・・・の何れかになってしまうんじゃないでしょうか。

もちろん、そうした「つるし上げ」自体が、一つの犯罪抑止効果を持つことも否定できないわけですが、そうした形での犯罪抑止は刑事被告人への適正手続きの確保や苛酷な刑罰を禁止する憲法の精神からは外れてしまっているような気もします。

印象だけですが、アメリカあたりだと司法取引などを使って、過度に個人を追い込むことなく真実発見と犯罪抑止のバランスをとろうという試みも見られるような気がするところで・・・もちろん、司法取引には、それ自体偽証のインセンティブを生み出したりといった問題はあるわけですが、組織犯罪の中で過度に個人に責任を負わせない司法システムの設計ということも考えなきゃいけないんじゃないかと、すっかりやつれてしまった篠塚被告の姿を見て想ったりしたわけです。

 

(※)もちろん、まだ公判中であって無罪推定の原則があるわけです。最終的に無罪だとすれば、より痛ましい話ですが、以下の話は、仮に有罪だったとしてもということで考えたことということで。


Posted by 47th : | 11:31 | 雑感

関連エントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://WWW.ny47th.COM/mt/mt-tb.cgi/497

コメント

保釈金350万円とのニュースを聞いて、少ないのにびっくりました。金額的にはフツーのサラリーマンですよね。

堀江君の場合は3億円だった・・・・。

Posted by nattai : 2006年08月08日 17:48

「耐震偽装問題で拘留中」ではなく、「粉飾決算容疑」ですよ。篠塚支店長については、いまだに耐震偽装では全く立件されておらず、耐震偽装については完全に無罪でしょう。

粉飾決算についても、無罪の可能性の方が高いと思います。

Posted by オオタ : 2006年08月08日 19:57

敗者復活が容易でない社会なので、無罪だとしてもあとあとまで辛い思いをすることになるのでしょうね。社会にゆとりがなくなっていますからなおさらでしょう。疑わしきは罰せずが基本だと思いこんでいたのですが、最近、どうも疑わしき+目立つ=罰するに変化したような気がします。

Posted by さなえ : 2006年08月09日 20:28

>nattaiさん
一般のサラリーマンにとっての350万は堀江氏の3億円よりもイタイかも知れませんよ^^
>オオタさん
そうでした。この事件をきちんとフォローしていなかったので、思わぬところでボロが出てしまいました。
ご指摘ありがとうございます。
>さなえさん
考えてみると、昔の村八分は「二分は残す」という最低限の逃げ道は残していたのが、今ではそうした部分も塞がれつつあるのかも知れませんね。
「罪を憎んで人を憎まず」という言葉も何だか虚しく聞こえてしまいます。

Posted by 47th : 2006年08月10日 10:13

4月の逮捕時で既に20キロ痩せていたようで、勾留中は食事も取れず、眠れずで、ゲッソリしてしまったそうです。。。
まだ45歳のはずがお爺さんのようになっていてビックリしました。
起訴事実は否定していましたね。

Posted by 藤ちゃん : 2006年08月10日 13:13

耐震偽装については、姉歯被告が取調べで単独犯行を自供しています。当初から単独犯行は噂されていたのですが。マンション購入者の被害に加えて、姉歯氏の行動で木村建設、ヒューザー、総研などがとばっちりを受けたわけです。篠塚氏はそれだけでなく、姉歯氏の発言で大きな被害を受けています。
粉飾決算については、経理担当役員は起訴されていないと報道されています。

Posted by 初心者 : 2006年08月11日 04:36

>会社の存亡が危うくなるし、
追加しますと、木村建設は破産手続が開始しています。ヒューザーも同じです。

Posted by 初心者 : 2006年08月11日 04:46

>藤ちゃんさん
まだ起訴されただけですから、理屈の上では「法の裁き」は下っていないわけですが、既に色々な意味で罰を受けているような感じもしますね。
もちろん、被害者の方からみれば、違う見方があるのだとは思うんですが・・・
>初心者さん
私も修習時代に取調べをやったり、刑事事件の判決の起案をしたりしましたが、人の記憶と口というのは、真実発見の上では、本当に頼りないものです。
耐震偽装問題は色々とヤミの部分もありそうですし、何が真実なのか慎重に見る必要はあるんだろうと個人的には思っています。
破産については、偽装被害者に対する責任によって破産における分配や、事業の売却承継の可能性も変わってきますから、法人として破産手続に入ったからといって、組織や事業としての実体が即消滅するというわけでもないんですよね。

Posted by 47th : 2006年08月14日 12:49

 
法律・経済・時事ネタに関する「思いつき」を書き留めたものです。
このブログをご覧になる際の注意点や管理人の氏素性についてはAbout This Blogご覧下さい。